このページの本文へ

クラウド+オンサイトの「iNetSec Smart LCM」を提供

PFU、フィールドサービス付きのITライフサイクル管理

2012年04月24日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月23日、PFUはIT機器のライフサイクル管理に必要な機能をクラウドで利用できるIT機器管理サービスと、IT機器の導入・交換・撤去などの作業を代行するフィールドサービスをワンストップで提供するサービス「iNetSec Smart LCM」の開始を発表した。

IT機器管理のクラウドサービスにフィールドサービスがセットになった「iNetSec Smart LCM」

 iNetSec Smart LCMは、ネットワーク上のすべてのIT機器をエージェントレスで自動的に検知・識別する「iNetSec Smart Finder」の機能を使い、クラウド上のIT機器台帳に機器情報を登録。IT機器の自動識別機能により、PC、スマートフォン・タブレット端末などの機器種別やOS種別を判別する。これにより、IT機器保有台数の適正化、サポート切れOSのリプレイス計画の立案など、ライフサイクル管理に必要な情報をいつでも把握できるという。

機器の状況はWebブラウザから確認できる

 加えて、キッティングサービスや全国対応のオンサイトサービスを提供するのが大きな特徴。PCやタブレット端末など、オフィス環境で利用されるさまざまなIT機器のフィールドサービスを用意しており、IT機器管理機能からWebで簡単に作業指示が出せる。また、IT機器管理システムを通じて、PFUの作業進捗状況を確認可能。IT部門では煩雑な複数ベンダーへの手配業務を大幅に低減でき、電話やメールで対応していたエンドユーザーとベンダーを仲介する連絡業務から解放されるという。

 価格は、

  • IT機器利用者数:500人
  • PC台数:500台
  • 管理対象ネットワークセグメント:10

の場合で、初期費用が150万円から、IT機器管理サービスが月額17万8800円から、フィールドサービスが月額23万5000円からとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ