このページの本文へ

東芝「MQ01ABD100」

東芝製9.5mm厚の2.5インチHDDにようやく1TBモデルが登場

2012年04月18日 23時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝製2.5インチSerial ATA対応HDDとしては初の1TBモデルとなる「MQ01ABD100」が発売された。

東芝製2.5インチSerial ATA対応HDDとしては初の1TBモデルとなる「MQ01ABD100」。WesternDigitalやSAMSUNG、HGSTに続いてようやく東芝からも登場

 WesternDigitalやSAMSUNG、HGSTに続いて容量1TBの2.5インチHDDがようやく東芝からも登場した。主なスペックはインターフェースがSerial ATA2.0(3Gb/s)、回転数5400rpm、キャッシュが8MB、平均シーク時間12ms、読み書き時の消費電力は平均1.5W、スタンバイ時平均0.18W。厚みは通常の9.5mmとなっている。
 価格は1万980円。パソコンショップアークとパソコンハウス東映で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中