このページの本文へ

11年eラーニング市場、5%減の1044億円

2012年04月16日 00時41分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 矢野経済研究所は4月13日、「eラーニング市場に関する調査」を行い、その結果を発表した。

  調査結果によると、2011年度の国内eラーニング市場全体の市場規模は、前年度比5.0%減の1044億円となる見込み。一方、2011年度の国内ネットワーク利用eラーニング市場の規模は前年度比1.8%増の672億円と堅調に推移する見込みとした。

 また、スマートフォンやタブレットPCが新たなラーニングツールとして注目を集め、2012年度もネットワーク利用eラーニング市場は前年度比1.8%増の684億円と、わずかながら拡大すると予測。このうちBtoBは、eラーニング普及でユーザーが増加する一方、競争の激化で値崩れ傾向が強まり562億円と前年度比横ばいの見込み。BtoCは参入事業者やサービスのバリエーション増、語学ライブレッスンの提供事業者および利用者増から、前年度比10.9%増の122億円になると予測した。

 調査期間は2012年1月~3月、調査対象はeラーニングシステム開発・構築・販売事業者など。調査方法は同社専門研究員による面接取材および電話・FAX・eメールによるヒアリングを併用。

 ■「eラーニング市場に関する調査」(http://www.yano.co.jp/press/press.php/000925

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く