このページの本文へ

秋葉原に女子が集結! ゲームの電撃 感謝祭 2012が大フィーバー

2012年03月19日 21時31分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 電撃PlayStation、DENGEKI Girl’s Style、電撃マ王、デンゲキニンテンドーDS、キャラぱふぇ、別冊キャラぱふぇコミック、電撃ARCADEゲーム、ビバ☆テイルズ オブ マガジン、ペルソナマガジンの9つの紙媒体に、オンラインニュースサイトの電撃オンラインを加えた10の媒体が一丸となってお届けする「ゲームの電撃 感謝祭 2012」が、3月18日にベルサール秋葉原で開催された。

ベルサール秋葉原を囲む女子の輪。昼を回っても列は一向に短くならず、これには我々もびっくり
こちらは男性向けの“電撃屋@ベルサール”の商品リスト。昼過ぎの段階でも比較的スムーズに買い物ができたようだ

 これまで男性参加者が圧倒的多数なのが常だったのだが、今回は主催者の予想を超える女性参加者が殺到した。イベントでしか販売されない限定グッズなどを販売する“Girl'sStyleShop”の購入待機列は、ベルサール秋葉原1周だけでは足らず、2周近くまで伸びていた。
 男性の来場者が少なかったかというとそんなことはなく、例年と同じくらいの参加者数となっており、男性向けのグッズを販売する“電撃屋@ベルサール”の購入待機列もベルサール半周分くらいの長さとなっていた。

“電撃屋@ベルサール”と“Girl'sStyleShop”。この日のイベントで販売されたアイテムの一部は3月下旬よりアニメショップで販売を予定している
会場内で来場者たちに無料配布されていた電撃マ王掲載作品のお試し版を収録した「電撃コミックオリジナル」と5月号(4月10日発売)から月刊化するDENGEKI Girl's Styleのお試し版

近日発売の新作ゲームも!

 会場内に一歩足を踏み入れると、協賛企業によるブースが用意されており、最新ゲームの試遊台が設置。試遊台の周りにはゲームのプレイ希望者たちやプレイしているゲームの内容を熱心に見入るギャラリーの姿もあった。

バンダイナムコゲームスのブースにはPSP用「グレイトバトル フルブラスト」やPS3用「アイドルマスター アニメ&G4U!パック Vol.6」を出展していた
セガブースには、3DS用「初音ミク and Future Stars Project mirai」とPSP用「クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編」の試遊台が設置されていた

 また、1階の一番奥には特設ステージが組まれ、「バンダイナムコゲームススペシャルステージ」や「ガスト シークレットステージ~二つの贈りもの~」といったゲーム制作者らによるトークショーが開催された。ゲーム制作者中心のトークショー以外にも、アイドルマスターに出演する声優さんが複数登壇した「『アイマス』+『ぷちます!』すぺしゃるすてーじですよっ!にっ!in秋葉原」といった声優さん中心によるトークショーも行なわれた。
 ステージイベント模様は事前申込みによる抽選を勝ち抜いたラッキーな読者や、ステージ前のフリースペースを確保できたユーザー以外にも、開場入口付近に設置されている東芝のREGZAモニターでも中継されており、モニターの前には常に人が集まっていた。
 それでは会場内の様子を写真とともにお伝えしていこう。

「ポケモン+(プラス)ノブナガの野望」ブースでは、コラボグッズや試遊台が用意されていた
ピカチュウや「ポケモン+(プラス)ノブナガの野望」に登場する「オイチ」の格好をしたコンパニオンが!
デルの最強のゲーミングPCブランドALIENWAREブースには、同ブランドのPCを使ったオンラインゲームの試遊台が設置されていたほか、ブース内でのミニトークショーなども行なわれていた
対象となっていた電撃系の雑誌を持ってくると記念グッズがプレゼントされていたこちらはスタンプラリーに参加した人がもらえるポスターの引換所。男性・女性どちらからも注目を集めるPS Vita用「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」のポスターということもあり、途切れることなく参加者がポスターを受け取っていっていた
「バンダイナムコゲームススペシャルステージ」の「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」コーナーに登壇したバンダイナムコゲームスの富澤祐介プロデューサー、ニトロプラスの土居由直開発プロデューサー、ニトロプラス最狂広報ジョイまっくすさんの3人ステージ前の立ち見エリアは、多くの人でごった返し通行困難に
当日会場で展示された液晶テレビは、従来のテレビとは一線を画すゲームに最適化されたプリセットが搭載されている東芝製「REGZA」が多く採用されていた。画像は会場入口に設置されていたREGZAモニターによる中継
地下1階のPlayStation Vita体験コーナーには、PS Vitaの試遊台が多数設置されていた。まだPS Vitaに触れたことがない人も多いため、ゲームショウのように係員がレクチャーをしていた
ウィザーズ・オブ・ザ・コーストブースでは、PS3用「マジック・ザ・ギャザリング デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ 2012」の試遊スペースに加えて、カードゲームのデュエルエリアも用意されていた
地球の不思議を体感する3DS用「Earthpedia」の体験ブース地下1階にもALIENWAREが3台設置され「ファンタシースターオンライン2」や「マビノギ英雄伝」「三國志12」の体験プレイコーナーが用意されていた
PS3用オンラインカラオケ「JOYSOUND DIVE」を提供するJOYSOUNDは、来場者にUSBマイクをプレゼントする大盤振る舞い会場内には、Android端末などスマートフォンを使った電子書籍の体験コーナーも
今回が先行販売となっていた「ぷちます! 缶バッチコレクション その1」は、終了を待たずに完売となっていた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ