このページの本文へ

牛革からワニ革まで自由自在!フルオーダー対応タブレットケース

2012年02月18日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フルオーダーに対応する本革使用の高級タブレットケースのサンプル品がaPad専門店に入荷している。

高級本革を使用したタブレットケース。非常に高価ではあるが、サイズや素材を含めフルオーダーに対応している

 製作はオーダーメイドの腕時計用革バンドなどを手がける早坂商店。同社の社長がaPad専門店でタブレットを購入した縁で始まったジョイント企画で、安っぽいタブレットケースが溢れる現状に義憤を感じていた同氏が、自らの手で納得する製品を作ってしまおうと立ち上げたというのが今回の企画の始まりだ。

革製品は長く使い込むことで質感がより深みを増していく。内部もしっかりと手抜きなく作りこまれており、高級感は抜群だ

 入荷したサンプルは国産牛革を使用する7型タブレット用ケースだが、購入する際には色やサイズ、素材にいたるまですべてをフルオーダー可能。色は「青」「赤」「緑」「白」などから自由に選べるほか、素材も「牛革」「蜥蜴革」「コードバン」「ワニ革」など実に多彩な選択肢が用意されている。

 サイズも7型だけでなく多数のサイズを選択できるほか、自分が所有する端末を持ち込んでピッタリのサイズを指定することもできるなど、文字通り世界にひとつしかない自分だけのタブレットケースを作れるのが魅力だ。

 ただし、その分価格は一番安価な牛革製ケースでも1万8000円ほどと非常に高額。タブレット端末本体がそれ以下でも購入できることを考えると、ケースへの投資額としてはかなりのものといえる。しかし質感にいたる細部までオーダーできる製品はそう多くないため、自分の思い通りのケースを長く使いたいという熱心なタブレットファンには面白い選択肢といえるかもしれない。

同店で販売する合皮製ケース(980円)との比較。やはり本革だけあって素材感は比較にならない。もっとも、その価格差を考えれば当然か

 フルオーダーの性格上、完全な受注生産。1個から注文可能となっており、納期はオーダー次第ということで未定とのこと。価格もオーダー次第で変動するため、気になった人はaPad専門店で見積もりを依頼してみるといいだろう。なお、ショップによれば入荷したサンプル品も販売可能で、購入を希望する場合はそれぞれ1万8000円とのことだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン