このページの本文へ

高級本牛革使用の最高峰ケースで新型iPadを守れ!

2012年05月26日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本牛革を採用する新型iPad対応の高級スリーブケース「Premium Leather Sleeve for New iPad」シリーズがSHOWCASEで販売中だ。メーカーは高品位なハンドメイドの革製品を製造するアルゼンチンのvaja社。

アルゼンチンvaja社製の高級本革iPadケースの新モデル、「Premium Leather Sleeve for New iPad」シリーズが登場

気軽に出し入れできるスリーブタイプのケース。「Floater leather」とよばれる牛革を採用し、高級感は抜群だ

 以前にお届けした「Libretto」シリーズと同様「Floater leather」と呼ばれる本牛革が使用された、高級感あふれる製品だ。iPadを気軽に出し入れできるスリーブタイプのデザインを採用し、カバータイプの「Libretto」とは違った魅力をもつアイテムに仕上がっている。

裏地にはタイプの違う「Caterina leather」を採用。側面をなぞるように露出するメリハリの効いたデザインが印象的だ

 裏地には「Caterina leather」というタイプの異なる牛革を採用。側面にはFloater leatherにサンドイッチされたCaterina leatherが顔を出し、製品にアクセントを加えている。Floater leatherは20色、Caterina leatherは22色から選択して自由に組み合わせることができるほか、表皮を「Mate lasse」と呼ばれるキルティング調の牛革に変更することも可能。

 基本的に色の変更などベーシックなカスタマイズは無料なものの、カスタム内容によっては別途1000~2000円ほどの追加料金が必要な場合がある。カスタマイズを依頼した際の納期は、ショップによれば「早く届く場合もあるが、現状は最大45日ほどで案内している」とのこと。もちろん店頭にある製品であればその場で購入することができる。

表皮はキルティング調の「Mate lasse」にカスタム可能。20色以上のカラーに変更可能なため、“自分だけのiPadケース”を作ることができる

 本来は新型iPad用として製造された製品ではあるものの、ショップによれば「店頭で試したところ、iPadやiPad 2でも問題なく使用できた」とのこと。iPad 2に関してはスマートカバーを装着した状態でも使用できたとのことで、従来のiPadでも余裕をもって使えそうだ。SHOWCASEにて1万3650円で販売中。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン