このページの本文へ

HDDを簡単にクラウド化、スマホ向け「Pogoplug Mobile」を発売

2012年01月31日 21時12分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米クラウドエンジンズとソフトバンクBBは31日、スマートフォンやタブレットに最適化されたファイル共有デバイス「Pogoplug Mobile」を2月3日から販売開始すると発表した。「SoftBank SELECTION」取扱店および「SoftBank SELECTIONオンラインショップ」で2月3日から販売する。価格は7980円。

Pogoplug Mobile

従来モデルから40%の小型化

 Pogoplug Mobileは、DropboxやSugarSyncのようなオンラインストレージを自前で構築できる家庭用ハードウェア。同製品をルーターに接続し、必要なストレージを追加。ウェブサイトにてアクティベーションをするだけで、インターネットから画像の閲覧や動画をストリーミング再生できるできるお手軽さが特徴。2011年2月に発売された「Pogoplug」(関連記事)の後継に当たる製品で、従来製品からHDDの削減やインターフェースを簡略化(USB 2.0ポート×4からUSB 2.0ポート×1に変更)することで約40%の小型化や、80%の高速化を実現している。

Pogoplug Mobileを掲げて製品説明を行なった、ソフトバンクBB 倉光哲男執行役員

スマートフォンユーザーの意識調査では、外部メモリの対応有無を重視しているという調査結果

 USBポートは削減されたが、新たにSDカードスロット(SDHC対応)を搭載。SDカードをオンラインストレージとして利用できる。スマートフォンの対応OSは、iOS 4.3以上、Android 2.2以上。PCでの対応OSは、Windows XP SP3/7 SP1、Mac OS X 10.6.6。HDDの対応フォーマット形式は、NTFS、FAT、HFS+、EXT2、EXT3となる。

USBポートは4つから1つになったが、SDカードスロットを新たに搭載している

 同日に都内にて米クラウドエンジンズのダニエル・プッターマンCEOと、ソフトバンクBB 倉光哲男執行役員による記者発表会が開催された。プッターマンCEOは、Pogoplugはこれまで全世界で100万台を販売し、取り扱い店舗は1万店舗になることが予想されると述べ、実際のデモンストレーションではサンフランシスコの自宅に設置されているPogoplug Mobileに接続し、HD動画ストリーミング再生を実演して見せた。

米クラウドエンジンズのダニエル・プッターマンCEO

実際のデモでは、プッターマンCEOはサンフランシスコにある自宅で接続しているPogoplug Mobileに接続して、保存してあるHD動画をストリーミング再生して見せた

ウェブクラウドサービスも併せて発表

 従来のウェブクラウドサービス「Pogoplug Cloud」の提供開始も併せて発表した。無料で5GBの容量を利用できる。有料プランは月額300円(30GB)、月額500円(50GB)、月額900円(100GB)の3種類が用意されている。Pogoplug製品の購入者には、1年間のみ20GBを無料提供するキャンペーンも実施する。キャンペーン期間は2013年3月31日まで。なお、すでに有料プランに登録しているユーザーは対象外となる。

「Pogoplug Cloud」では、1年間のみ無料で20GBを利用できるキャンペーンが実施される

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン