このページの本文へ

容量2TB以上も可能!? 書き込み速度1Gbpsの新メディア「XQD」

2012年01月06日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、メモリーカードの新規格に対応した「XQD メモリーカード」を発表した。ラインナップは、16GBモデル「QD-H16」と32GBモデル「QD-H32」で、店頭想定価格はそれぞれ2万円前後、3万3000円前後。発売日は2月15日。

16GBモデル「QD-H16」(写真左)と32GBモデル「QD-H32」(写真右)

 XQDは、サンディスク/ソニー/ニコンが提案し、2011年12月7日に国際的な標準化推進団体CompactFlash Association(CFA)によって採用が発表された次世代メモリーカード規格。速度理論値は2.5Gbpsで、将来的には5Gbpsに対応予定。また、技術的には理論上2TBを超える大容量化が可能という。

 今回商品化されたXQD メモリーカードは、PCI Expressインターフェースを採用し、さらにソニー独自の高速データ処理を可能とするコントローラーを搭載することで、書き込み速度1Gbps(125MB/秒)という高速性能を実現した。ニコンのXQDメモリーカード対応デジタル一眼レフカメラ「D4」において、画質モード「圧縮RAW/12ビット記録」のRAW撮影時に、約100コマの連続撮影が可能としている。

「QD-H16」「QD-H32」の主な仕様
製品名 「QD-H16」 「QD-H32」
店頭想定価格 2万円前後 3万3000円前後
容量 16GB 32GB
実行書き込み速度 1Gbps(125MB/秒)
実行読み出し速度
インターフェース PCI Express
サイズ/重量 幅約29.6×奥行き3.8×高さ38.5mm/約10g

 また、併せてUSB 3.0対応XQDカードリーダー「MRW-E80」、ExpressCard/34対応アダプター「QDA-EX1」も2月15日に発売予定。店頭想定価格は、MRW-E80とQDA-EX1のどちらも4000円前後。

XQDカードリーダー「MRW-E80」。インターフェースはUSB 3.0。サイズ/重量は幅約50×奥行き86×高さ12.5mm/約42gExpressCard/34対応アダプター「QDA-EX1」。サイズ/重量は幅約34×奥行き75×高さ5mm/約13g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン