このページの本文へ

WiMAXスマホで上り15.4Mbpsに対応はPhotonとDIGNO

2012年01月06日 15時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UQコミュニケーションズが12月28日にスタートした、WiMAXサービスの上り15.4Mbpsへの高速化(関連記事)。KDDIは同社のWiMAX端末について、この上り15.4Mbpsに対応した製品を公開した。

 対応端末は、スマートフォンでは「MOTOROLA PHOTON ISW11M」「DIGNO ISW11K」、モバイルルーターは「Wi-Fi WALKER DATA08W」の計3製品。すでにこの高速化は適用されており、設定の変更などは必要ない。

 上り15.4Mbps化は64QAM(現在はQPSKまたは16QAM)という変調方式を追加して可能にしており、電波状況がかなり良好な条件での通信速度向上が期待できる(下りはすでに64QAMに対応しており、40Mbpsの最大速度に変化はない)。つまり高速化非対応機との大きな差はないと考えられるが、スピードアップはやはりうれしいかぎりだ。

 なお、今後KDDIから発売されるWiMAX端末は、上り15.4Mbps対応製品については、カタログなどでその旨が表記されるとのことである。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン