このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ついに姿を現わした、アップルのクラウド版デジタルハブ「iCloud」 第2回

iWorkに見る「Documents in the Cloud」のインパクト

2011年10月26日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iCloud対応のアプリ「Good Reader」を試す

 Documents in the Cloudの面白いところは、サードパーティーにAPIが公開されている点だ。記事執筆時点ではその数は少ないが、これまでWebDAVなどのオンラインストレージを介してファイル共有機能を提供してきたアプリは、今後iCloudをサポートする方向で進化するに違いない。

 ファイル共有機能を備えた定番のドキュメントビューワー「GoodReader for iPhone」を例に、Documents in the Cloudの活用事例を紹介してみよう。なお、iPad版の「GoodReader for iPad」も、iCloud対応を明らかにしているが、本稿執筆時点ではアプリが起動できないという不具合(近日アップデート予定とのこと)のため未検証だ。

 GoodReader for iPhoneの場合、事前準備は必要ない。iCloudのサポートはデフォルトで有効になっているので、ただアプリを起動すればいい。もし無効化する場合は、「Settings」→「General Settings」の順に画面を開き、「Use iCloud」スイッチをオフにするだけだ。

最新版「Good Reader for iPhone」の設定画面。iCloudサポートはデフォルトで有効化されている

 iCloudへのアクセスは、「My Documents」→「iCloud」の順にタップすればOK。これで、GoodReader for iPhoneが使用しているiCloud上の領域にアクセスできる。ファイルビューワーとしての機能は従来どおりで、任意のファイルをタップすれば閲覧できる。

 注意点は、iCloud対応版Keynote/Pages/Numbersそれぞれが管理する領域のデータに対して、サードパーティー製アプリからはアクセスできないことだ。このため、Keynote/Pages/Numbersのデータを他社製アプリで読み込ませるには、Mac上でウェブブラウザーを利用してアクセスする場合同様、iTunes経由やメール添付の方法でデータをやり取りする必要がある(後述)。あるいは、目的のデータから必要な箇所だけコピー&ペーストしたほうが手っ取り早いはずだ。

 GoodReader for iPhoneが管理するiCloud領域のデータの場合は、GoodReader for iPhoneを介して各種アプリに読み込ませることができる。iCloud対応版Keynote/Pages/Numbersからも読み込めるが、データをセーブする場所はKeynote/Pages/Numbers専用の領域になる点に気を付けてほしい。

 Mac上などでウェブブラウザーを利用してiCloudにアクセスする場合は、サードパーティーアプリ用の領域にはアクセスできないため、iPhone/iPadアプリへのファイルの転送は従来どおりの方法で行なうことになる。たとえばGood Readerであれば、以下の3通りの方法を利用可能だ。

  • Good Reader内蔵のウェブサーバーを起動しておき、Mac(のウェブブラウザー)から転送
  • iTunesのファイル共有機能を使い、Good Readerに転送
  • 必要なデータをメールに添付して自分宛に送り、Good Readerで開く

 その後、Good Readerが管理する「iCloud」フォルダーへファイルをコピーまたは移動すれば、iCloud上に転送され、同じApple IDでサインインしたiOSデバイス上のGood Readerからアクセスできる。

内蔵のウェブサーバー機能などを利用して、Good Reader for iPhoneが受信したファイルをiCloudへ転送する

 試しに、iPhone 4S(au版)でiCloudにファイル4点をアップロードしたあと、iPhone 4からアクセスしてみたところ、iCloudフォルダーに4点のファイルを確認できた。アイコンが薄く表示されていたが、これはローカルキャッシュの有無を意味するもので、いちど表示すると濃い色となり2回目の表示からはキャッシュが参照される。

初回の表示はダウンロードを伴うため時間がかかるが、2回目からはキャッシュの利用により高速化される

 このように、Documents in the Cloudは、スムースなiOSデバイス間でのファイル共有を実現する。Macとのファイルのやり取りに手間はかかるが、いったんクラウドにアップロードしてしまえば、あとはファイルのありかを考えずに済むという点がメリットといえるだろう。

GoodReader for iPhone App
価格450円 作者Good.iWare
バージョン3.9.1 ファイル容量23.9MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(4.0)
対応デバイスiPod touch/iPhone/iPad 対応OSiOS 3.1以降
GoodReader for iPad App
価格450円 作者Good.iWare
バージョン3.9.4 ファイル容量12.5MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(4.5)
対応デバイスiPadシリーズ 対応OSiOS 3.2以降

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中