このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

編集部厳選! イチオシのスマホアプリ&ガジェット第2回

スマホ買ったらこれも買え! ASCII.jp編集者オススメの周辺機器

2011年09月27日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASCII.jp編集者がプロの視点で周辺機器を選ぶ!

 前回に引き続き、今回もASCII.jp編集者がオススメを紹介する。スマホを買ったはいいけど、そのまま使っている人も多いだろう。でも、周辺機器、アクセサリーも一緒に使えば、もっと便利になったり、困ったときに助かったりするのだ。

 そんなわけで特集2回目はスマホ周辺機器をASCII.jp編集者の選球眼で選んだ。自分で使ったうえでオススメするものから、評判がいいため購入を考えているなんてものまで、さまざまな製品をチョイス。これらを使えば、スマホライフがより一層豊かなものになるだろう!(ただし効果には個人差があります)

ASCII.jpスマホ班の班長
編集部ドロイドくん(仮)さん(オカモト)のオススメ!

 PDAとかモバイルPCとか、小物がそんなに好き……というわけでもなかったのだが、気がつけばASCII.jpのケータイ/スマホ担当に。でも、ウィルコムの「W-ZERO3」は発売日に買ったわ。現在のメイン端末は「GALAXY S II」で、iPhone 4とBlackBerry Bold 9780もたまに使ってます。ちなみに電話は2台持ち派で、おサイフケータイとクレジットカードでの買い物が好き。2週間、ただの一度も現金を使わない生活をしたことがある。


スマホを高性能メモ取りマシンに変える
折り畳みキーボード

TK-FBP017BK
対応端末:Android、iPhone、iPad
メーカー:エレコム
実売価格:1万円前後


 最近はASCII.jpのTwiitter公式アカウント(@asciijpeditors)などで実況もどきのことをする機会もあるのだが、その際に悩んだのが機材の問題。

 写真付きのツイートをするために、最初はノートPCとコンデジの組み合わせだったのだが、これではSDカードの差し替えに手間取りすぎる。その次は無線LAN内蔵のSDカード「Eye-Fi」を使おうかと思ったが、結局たどり着いたのが、スマホ(GALAXY S II)+Bluetoothキーボードの組み合わせ。

筆者がが使っているのはこの「TK-FBP017BK」だけど、今から買うなら「TK-FBP019E」がオススメ

 写真を撮るときはスマホを持ち上げてパチリ。そしてそのままBluetoothキーボードで文字を入力すれば、とても楽だとわかったのだ。自分が使っているのはエレコム「TK-FBP017BK」だが、これは若干古い製品のうえ日本語配列である(スマホは基本的に英語配列のキーボードにしか対応していない)。自分は慣れているので大きな問題はないのだが、これから購入するのであれば、より新しい「TK-FBP019E」(実売価格7000円前後)などがオススメだ。

 ちなみにAndroid端末はすべてがBluetoothキーボードと接続できるわけではない。詳しくはこの記事などを読んでほしい。


■Amazon.co.jpで購入

食べ物に目がないツーキニスト
編集部ハシモトのオススメ!

 基本的に外食をしない編集者。もっぱら食事は家で作るか出前を頼む。現在持っているスマホはREGZA Phone。ケータイは分厚くて多機能なのが好きであり、防水でワンセグ入っていて、おサイフケータイが使えるという点でチョイス。



このメモ帳、ただのメモ帳じゃありません

CamiApp
対応端末:iPhone版アプリAndroid版アプリ
メーカー:KOKUYO S&T CO., LTD.
実売価格:700円前後


 一見するとただのメモ帳。ただしこのメモ帳に書き込んだ絵や文字をスマホのカメラで撮影することでデジタルデータとして取り込める。撮影(取り込み)には専用のアプリ(無償)が必要。アプリはそれぞれiPhone版、Android版でリリースされている。

スマホと紙のメモ帳、両方使っている人に便利なのがコクヨの「CamiApp」。見た目は普通のノートであるが……
ノート面をスマホのカメラで撮影するとデータ化される。専用アプリでは傾き補正や歪み補正なども行なわれる

■Amazon.co.jpで購入

超一流ブランドのヘッドフォンをスマホで使う

Bose MIE2 mobile headset
対応端末:Android
メーカー:BOSE
実売価格:1万5000円前後


 BOSEのヘッドフォンでありながら、スマートフォン用のコントローラーを搭載する。コントローラー部にはマイクを内蔵しており、ヘッドフォンをしたまま着信・通話が可能。直販価格は1万5750円とやや高めだが、その音はすばらしく、ある意味憧れの製品。

ウィング型のシリコン製イヤーチップで耳にしっかりフィットする「Bose MIE2 mobile headset」ケーブルの途中にあるコントローラ部。再生操作などが行なえる

■Amazon.co.jpで購入

スマホにガンマイクは必要か否か
答えはもちろん必要に決まってる!

AT9913iS
対応端末:Android
メーカー:オーディオテクニカ
実売価格:6000円前後


 スマホ用の超指向性ガンマイク。中距離収音用なので人の鼻先に突き出す、という用途には向かないが、自然公園などで少し離れた動物の鳴き声などを録ったり、広い会議場で後ろの方の席から登壇者の声を拾うなどには最適。スマホをICレコーダー代わりに使うのに便利だ。

全長165mmの「AT9913iS」。スマホに装着するとなかなかすごい見た目になるマイクの根元にあるイヤフォンジャック。録音した音声を聞くことができる(録音中のモニタリングは不可)
■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン