このページの本文へ

米Adobe、SearchCenter+ にキーワード予測分析

2011年09月08日 09時20分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Adobeは2011年9月6日、SEM管理ツール「Adobe SearchCenter+」にキーワードパフォーマンスの予測分析機能を追加したことを発表した。OptiMine Softwareとの提携により実現する。キーワードパフォーマンス分析機能の導入により、サーチマーケッターはROASの改善やリード獲得数の増加、コンバージョン率の改善、売上増加、キーワード当たりの獲得利益など、検索広告の各KPIの改善が可能になるという。

OptiMine Softwareはキーワードレベルの統計モデルを提供。SearchCenter+に蓄積される、クライアントの実績運用データという価値の高い情報ソースを活用することで、キーワードのパフォーマンスや最適な入札単価を計算することが可能になるという。

Omniture事業部のプロダクトマーケティングディレクター・Tim Waddell氏によると、12か月分のキーワードレベルのデータをOptiMineのアルゴリズムで分析することにより、シーズナリティ(季節要因)などのキーワードトレンドが把握できるという。その上で、どの変数が重要かを特定し、24個の異なる統計モデルの1つを適用して翌日の最適な入札価格を計算する。


Partnership with OptiMine Enables Search Marketers to Significantly Increase Paid Search Performance
http://www.omniture.com/press/887

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く