このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第156回

Android端末!? セクシーなワンセグTV「MV100」を衝動買い

2011年08月05日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MV100は、お客の少ない喫茶店でまったりTVでも見たい願望を実現してくれる

 自宅のリビングに鎮座する大型液晶TVも、モバイル可能なポケッタブルなTVも、旧来のアナログTVの時代のように、電波に乗ってやってくる映像シグナルを単に再生するだけなら現在のような画期的な進化はなかっただろう。

 パーソナルコンピュータの登場や、多少遅れて出現した携帯電話、加えてインターネットの拡大は、いつの間にかそれらを情報や映像を共有し、人と人のコミュニケーションを促進するハイブリッドなツールと変化させ、そしてつい最近スマートフォンが登場した。

 当然のように、情報や映像を家庭や個人に一方通行で届けていたテレビも大きな転換期を迎え、登場から60年でアナログ放送から完全なデジタル放送に移行した。パナソニックのデジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」(以降MV100)は、デジタル放送元年に発売された従来のテレビの領域を越えた“メディアプレーヤー”を目指す商品だ。

普通の人は、ぱっと見てケータイ電話だと思うはずだmicroUSBで充電する。イヤフォン端子は標準プラグなので、愛用の品を使える

  外観は携帯電話サイズ。重量約130gの本体は、スマートフォンOSとして注目を集めるAndroid 2.1を搭載し、SDカードに多種多様なコンテンツデータを保存する。MV100の1台で、FMラジオ、デジタルフォト・ビューワー、デジタル音楽プレーヤー、ワンセグTVに加えて、同社のデジタルレコーダー「DIGA」とのケーブル接続や、ワイヤレス、SDカード経由などで、データの交換・視聴を実現する。

SDカードは64GBまでサポートされているので、目一杯コンテンツを押し込める知らないうちに電源がオンして電池が消耗浪費するのを防いでくれる

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン