このページの本文へ

失敗しない2011年夏モデル選び 第4回

4人目の賢者は、特集を読んでくれた読者だ!

アンケートで分かった! マニアが求める理想のパソコン

2011年08月05日 11時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やはりCPUのいいマシンが好まれる

 スペックを重視する声が高いデスクトップPCだが、やはり一番重視するパーツはCPUである。 RAW現像やエンコードでは潤沢なCPUパワーが必須。さらにバックグラウンドでこれらの処理をこなしつつ、動画を鑑賞したり、レポートを作成したりと、マルチタスクで作業を行なうのが現代のパソコンの使い方だ。

デスクトップのスペックで重視すること

 自由回答を見ても、新CPUもしくは新OSの発売がPCを買い換えるきっかけ。そして(自作を含めた)デスクトップを購入する層が多いようだ。


ビデオカードへの関心は高いが、決め手ではない

 ハイエンドというと3Dゲームという用途も思い浮かぶ。ビデオカードを重視する声は54.4%と比較的高い。ただし最も優先すると答えたのは6.6%とそれほど高くない。

 ゲームをプレイするうえではビデオカードの性能がCPU以上に重要になるとも言える。3Dゲームを目的に購入する層が少ないのか、それとも最低限のスペックがあって、あとで交換できればいいという形なのか。いずれにしても優先するのは基本性能に直結するCPUということだろう。

 機能別の必要度に関しては、SSDが必要50.8%(不要7.1%)、BDドライブが52.6%(不要11.6%)、地デジチューナーが20.5%(不要42.8%)、3Dメガネが0.4%(不要75.4%)、スピーカーが40.6%(不要31.2%)、カードリーダーが41.5%(不要17.8%)という結果がでた。

 ここでもSSDへの関心が非常に高いが、BDドライブや地デジチューナーなどの割合がノートに比べて相対的に高い点は、ハイスペック指向のデスクトップユーザーの嗜好をよく示しているようだ。

デスクトップPC(液晶ディスプレー代含む)を選ぶ際の価格帯は?

 最後に価格帯では、8万円以上10万円未満が24.1%と最も多い。秋葉原のPCパーツショップでも、人気の構成で一式組むとだいたい10万円前後になるので、コストパフォーマンスに優れた10万円前後というのがひとつの目安なのだろう。ここにも価格は気にしないという人が10.7%もいることは見逃せない!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン