このページの本文へ

成層圏で端末に表示させるメッセージを現在募集中

最新スマホ「GALAXY S II」に夢を載せて、宇宙に飛ばす

2011年06月23日 22時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
最新スマホの耐久性がこれでわかる? GALAXY S IIを成層圏に飛ばす「Space Ballon プロジェクト」

 サムスン電子は「GALAXY S II SC-02C」の発売を記念して、GALAXY S IIをバルーンを用いて成層圏に打ち上げ、SNSで募集したメッセージを表示する「Space Balloon プロジェクト」をスタートした。

 このSpace Balloon プロジェクトについて、都内で記者会見が行なわれたが、詳しく見ていくとなかなか本格的、かつ興味深い内容だ。気象観測用バルーン打ち上げのスペシャリストであるアメリカのJP AEROSPACE社と協力。バルーンに繋いだGALAXY S IIを7月15~17日の3日間、1日1回、約3万メートルの上空に飛ばす。そして、FacebookやTwitter、mixiなどのソーシャルメディアを用いて、一般のユーザーから募集した18文字以内のメッセージを端末に表示させる(1日約1000名、3日間で合計3000名)。

 このメッセージもあらかじめ端末に保存したデータを表示させるのではなく、900MHz帯の電波を地上から飛ばし、専用の受信機を通じてGALAXY S IIにリアルタイムにデータを送る。

端末に表示させるメッセージはすでに特設サイト上で募集が始まっている

 打ち上げられたGALAXY S IIの様子はバルーンに取り付けられたカメラで撮影され、映像がライブ配信されるほか、バルーンのGPS機能によって、GALAXY S IIの飛行軌道を閲覧できる。また飛行終了後にはGALAXY S IIを回収し、端末のカメラによって撮影された画像も公開される予定である。

すでにJP AEROSPACE社の協力により、事前検証が進んでいる。右画面の端末と背景に見える地球の写真は実際にテスト時に撮影されたものだ
ただの風船にスマホを結んで飛ばすのではなく、本格的なプロジェクトのようだ

実際に上手く飛んで、映像が見られるか
ライブ配信で要チェック

GALAXY S IIに希望や夢を載せて飛ばすと語るサムスンテレコムジャパンのオウ氏

 サムスンテレコムジャパン 端末営業部部長 オウ・チャンミン氏によると4月にプロジェクトをスタートし、端末をすでに飛ばすなど、さまざまな事前検証を行なっているという。まず問題となったのが、上空3万メートルでの気温がマイナス50度程度と予測される点。バッテリーにヒートパネルを装着するなど、冷凍庫でテストし、実際に動作を確認したという。

 また明暗の差が激しい成層圏で、GALAXY S IIの画面とその背後にある地球の姿が美しく撮影できるように、GALAXY S IIの形状に切り抜いたフィルターをバルーンのカメラのレンズに取り付けるなどの工夫も多数こらされている。

 実際の打ち上げは、アメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠で現地時間で7月15日の午前5時に行なう(日本時間は7月15日午後9時)。約100~140分程度、浮遊したのちにバルーンは破裂。端末などはパラシュートによって、ゆっくり落下するとのこと。

上手く美しい地球の写真が撮れるといいが、天候の問題がトラブルの可能性もある。しかし、「それも含めてイベント」(オウ氏)とのこと

 オウ氏は「上空に飛ばすGALAXY S IIには希望や夢を載せる。テスト時に飛ばしたGALAXY S IIを通して、子供の頃に夢見た宇宙を見ることができた。そんな感動を日本の皆さんと分かち合いたいと考えている」と抱負を語った。

 メッセージの投稿はGALAXYユーザーでなくても可能。詳しい情報はSpace Balloon プロジェクトの特設サイト(http://space-balloon.net/)に掲載されている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン