このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

1TB SSDを搭載可能な13.3型ノート「VAIO S」夏モデルが登場

2011年06月10日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは、13.3型ノート「VAIO S(SA)」、「VAIO S(SB)」の2011年夏モデルを発表した。

「VAIO S(SA)」

「VAIO S(SB)」

 VAIO SAのラインナップは、仕様をカスタム化可能なVAIO・OWNER・MADEモデル「VPCSA2AJ」のみ。VAIO SBは、インテル Core i5-2410M プロセッサー(2.30GHz)採用の上位モデル「VPCB29FJ/B」、インテル Core i3-2310M プロセッサー(2.10GHz)採用の下位モデル「VPCB28FJ/B・W・P・L」が用意されている。

 価格は、VAIO SAが直販価格13万4800円からとなっており、VAIO SBはオープンプライス。店頭想定価格は、VPCB29FJ/Bが約20万、VPCB28FJ/B・W・P・Lが約16万となっている。またVAIO SBのVAIO・OWNER・MADEモデルは、直販価格8万9800円から。発売日はすべて6月11日の予定だ。

VAIO SA

 VAIO SA(VPCSA2AJ)は、天板および底面にマグネシウム合金、さらにアルミ製パームレストを採用しており、軽量さと美しさを両立したフルフラットデザインが特徴だ。またカラーバリエーションとして、グロッシーブラウン/オールブラック/ライトシルバーが用意されている。

グロッシーブラウン

オールブラック

ライトシルバー

 CPUとしては、インテル Core i7-2620M(2.70GHz)、インテル Core i5-2520M プロセッサー(2.50GHz)、インテル Core i5-2410M プロセッサー(2.30GHz)を選択可能。チップセットはモバイル インテル HM67 Expressを採用している。

 メモリーは4/6/8GBを搭載可能で、ストレージとして容量256(64GB×4)/512GB(128GB×4)、1TB(256GB×4)のクアッドSSD(Quad RAID機構SSD)、128GB(128GB×1) SSD、500/640/750GB HDDを指定できる。光学ドライブとしてはBlu-ray Discドライブ/DVDスーパーマルチドライブを選択可能。

 ディスプレーには、最大解像度1600×900ドットの13.3型ワイド液晶(低反射コート、LEDバックライト、VAIOディスプレイプラス)を採用している。グラフィックス機能としてAMD Radeon HD 6630M、インテル HD グラフィックス 3000の2種類を搭載しており、「パフォーマンス・スイッチ」によって切り替え可能だ。

 ネットワーク機能は、1000BASE-T対応Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LAN、WiMAX、Bluetooth 2.1+EDR。またWWAN機能、b-mobileのあり/なしを選できる。

 インターフェースは、USB 3.0、USB 2.0×2、HDMI出力(3D対応)、アナログRGB。メモリースティックDuoスロット、SD/SDHC/SDXCメモリーカード スロット、HDウェブカメラも搭載している。

 バッテリー駆動時間は、付属バッテリーパックの場合約8〜9.5時間(内蔵用)、別売バッテリーパックの場合が約15.5〜19時間(内蔵用+拡張用)。

 サイズは幅約331×奥行き224.5×高さ23.3mm。別売バッテリーパック(拡張用)装着時は幅331×奥行224.5×高さ32.1mm。重量が約1.54kg〜約2.31kg(バッテリーパック装着時)。OSは、Windows 7 Home Premium SP1/Professional SP1/Ultimate SP1(いずれも64bit)。

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン