このページの本文へ

英語版キーボード搭載12.5型ノートPC「IdeaPad U260」を発売

2011年05月24日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは24日、コンシューマー製品では初となる英字キーボードを採用した、12.5型のノートパソコン「IdeaPad U260」を5月27日に発売すると発表した。PCを取り扱っているビックカメラとヨドバシカメラにて、限定1000台のみ販売する。価格はオープンプライスで、予想実売価格は10万円前後。

「IdeaPad U260」

 IdeaPad U260は、従来機種である11.6型のノートパソコン「IdeaPad U160」より大型でありながら、重量は同等の1.35kg、厚さは18mmと薄型・軽量化を図っているのが特徴。
 レザータッチのパームレストや、素材にマグネシウム合金を使用した、つなぎ目のないワンピース構成となっている。

 キーボードは、防水設計ながら空気を通し、キーを通して熱を分散させられる。
 また、明かりセンサーを内蔵しており、周辺環境の明るさを感知して、自動で最適な画面輝度に調節することもできる。

 CPUとして超低電圧版のCore i5-470UM(1.33 GHz)、チップセットとしてIntel QS57 Expressを採用。グラフィックス機能がIntel HD グラフィックス(CPU内蔵)で、解像度1366×768ドットに対応する12.5 型ワイドHD液晶ディスプレー(LEDバックライト)を搭載している。
 メインメモリーは4GB(最大4GB)で、HDDは容量320GB。光学ドライブは非搭載。
 インターフェースは、USB 2.0×2、HDMI×1、アナログRGB出力。ネットワーク機能は、100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LAN、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR。

 サイズは幅318×奥行き204.5×高さ18mmで、重量が約1.35kg。バッテリー駆動時間は約4.4時間となっている。OSはWindows 7 Home Premium SP1(64bit)。

カテゴリートップへ