このページの本文へ

LTEにも対応予定の高速なアクセスルーター

VPNスループット650Mbpsを実現した富士通「Si-R G200」

2011年05月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月17日、富士通はアクセスルーターの新機種「Si-R G200」を発表した。

ギガビット対応ルーター「Si-R G200」の前面

ギガビットポートやUSBポートなどが並ぶ背面

 Si-R G200はギガビット対応のLAN/WANポートを10ポート搭載したボックス型のルーターで、ルーティング、VPN、ファイアウォールなどの機能を搭載する。VPNスループット650Mbpsを実現し、拠点ルーターのみならず、センター側のルーターとしても利用できるという。

 また、USBポート×2、ExpressCardスロット×1を搭載し、高速なワイヤレスWANサービスを利用した回線バックアップなどが実現する。6月にはLTE(Long Term Evolution)にも対応する予定。

 運用管理に関しては、Si-R用の管理ツールが提供されるほか、USBメモリに設定ファイルを格納し、外部メディア経由で起動することも可能になっている。

 価格は11万8000円(税別)。なお、製品は環境負荷の低い富士通のスーパーグリーン製品に指定されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ