このページの本文へ

Sapphire「FLEX HD6950 2G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DUAL MINI DP BOX」

5画面出力が可能なVGAに「HD 6950」搭載モデルが追加

2011年04月14日 23時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1枚のビデオカードで最大5画面出力が可能となる「Radeon HD 6950」搭載ビデオカード「FLEX HD6950 2G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DUAL MINI DP BOX」(型番:11188-04-40G)が、Sapphireから発売となった。

11188-04-40G 1枚のビデオカードで最大5画面出力が可能となる「Radeon HD 6950」搭載ビデオカード「FLEX HD6950 2G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+SL-DVI-D/HDMI/DUAL MINI DP BOX」

 多画面出力が可能な同社の「FLEX」シリーズ最上位モデルとなる製品。多画面かつパフォーマンスを求めるユーザーにはオススメの製品だ。
 ブラケット部は、SingleLink DVI-D/DualLink DVI-I/HDMI/Mini-DisplayPort×2という構成。このうちSingleLink DVI-DとDualLink DVI-I、そして付属のHDMI-DVI変換ケーブルを同時に使うことで、DVI×3の3画面出力が可能となる。
 なお、この際の解像度は5760×1200ドット(1920×1200ドット×3)。また、ディスプレイ側の環境さえ整えば、前述の構成にDisplayPort×2を加えた5画面出力も可能となり、その場合の解像度は9600×1200ドット(1920×1200ドット×5)になる。
 主なスペックは、コア/メモリクロックが定格の800MHz/5000MHzで、搭載メモリはGDDR5 2GB。付属品はDVI→D-sub変換コネクタ、HDMI→DVI変換アダプタ、Mini-DisplayPort→DisplayPort変換ケーブル、4pin(x1)→6pin電源変換ケーブル×2、HDMIケーブル、NATIVE CROSSFIREケーブルとなっている。
 価格はアークで3万2470円だ。

「FLEX」
ディスプレイ側の環境さえ整えば、5画面出力も可能となる「FLEX」シリーズ最上位モデルとなる製品。多画面かつパフォーマンスを求めるユーザーにはオススメの製品だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中