このページの本文へ

Web技術で作るDashboardウィジェット開発入門 (3/5)

2011年03月08日 13時00分更新

文●古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Dashcodeをインストールする

 Dashcodeは、Mac OS X Snow Leopardに付属するインストールディスクからインストールします。ディスクを入れると以下の図のようなウィンドウが表示されます。

【図】fig3-1.png

インストールDVDの内容

 オプションインストールのフォルダをダブルクリックすると、以下の図のようなウィンドウが表示されます。

【図】fig3-2.png

オプションインストールフォルダの内容

 「Xcode.mpkg」のアイコンをダブルクリックします。インストーラーが起動したら「続ける」ボタンをクリックします。

【図】fig3-3.png

インストーラーが起動

 使用許諾契約画面が表示されたら「続ける」ボタンをクリックします。確認画面が表示されるので「同意する」ボタンをクリックします。

【図】fig3-4.png

使用許諾契約画面が表示される

【図】fig3-5.png

確認画面が表示される

 インストールするプログラムを選択します。通常はインストーラーが自動的にチェックしてくれるので、そのまま「続ける」ボタンをクリックします。

【図】fig3-6.png

インストールするものを選択する

 起動ディスクにインストールするので、このまま「インストール」ボタンをクリックしてインストールを開始します。

【図】fig3-7.png

インストールボタンをクリックする

 インストールが開始されます。

【図】fig3-8.png

インストールが開始される

 無事にインストールが終了したら、起動ディスクの最初の階層にDeveloperフォルダがあることを確認します。

【図】fig3-9.png

Developerフォルダ内に開発に必要なアプリケーションがあることを確認する

 Dashcodeのプログラムは「/Developer/Applications/Dashcode.app」です。Dashcode.appをダブルクリックして起動しましょう。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く