このページの本文へ

「Enterprise Gateway for NetSuite」を製品化

NEC、NetSuiteに対応したSaaS型システム連携サービス

2011年03月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月4日、NECは、クラウドシステムとSAPをはじめとした基幹システムとの連携を実現するSaaS型ソリューション「Enterprise Gateway」の強化を発表した。今回の強化では、ネットスイートのクラウド型ERP「NetSuite」との連携が可能な「Enterprise Gateway for NetSuite」を製品化した。

グループ会社、海外現地法人と本社システムとを容易に接続する「Enterprise Gateway for NetSuite」の利用イメージ

 Enterprise Gatewayは、クラウドシステムと基幹システムを連携するソリューション。SaaS型で提供するため、統合用のシステムを自社で構築する必要がなく、初期投資を抑えて短期間でシステム間連携を実現する製品だ。そして、新製品のEnterprise Gateway for NetSuiteは、基幹システム内の業務データを「NetSuite」側でリアルタイムに活用する機能を搭載する。さらに、開発環境の強化により、最小限のコーディングと「NetSuite」側の簡単な画面操作だけでシステム間連携を実現できるようなったという。

 利用料金は、1月あたり10万円から。販売活動は発表と同時に開始しており、製品出荷は4月1日の予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ