このページの本文へ

Kenshoo、クロスチャネル分析にリターゲティングの統合を完了

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2011年02月14日 13時12分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Kenshoo、クロスチャネル分析にリターゲティングの統合を完了

デジタルマーケティングソフトウェア開発のイスラエル・Kenshoo(ケンショー)は2011年2月11日、Kenshooエンタープライズプラットフォームのクロスチャネル分析にリターゲティングを統合したことを発表した。

リターゲティングを追加したことにより、Kenshooソフトウェアの利用者は複数のマーケティングプログラムから集められたデータを1つのダッシュボードで閲覧して、キャンペーン最適化のためのアクションに結びつけることが可能になる。

共同創設者でCTOのNir Cohen氏は、このような柔軟なプラットフォームを構築することで、新しいメディアチャネルを取り込み、顧客が適切に予算を管理し結果をドライブする手助けが可能だと述べている。

Kenshooはこれまでに、自動データ転送やAPIプロトコルを通じて、リターゲティング、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルネットワーク、ディスプレイ広告ネットワークといったチャネルのサポートを完了している。

Kenshoo
http://www.kenshoo.com/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く