このページの本文へ

2大PCメーカーがひとつに! NECとLenovoが合弁

2011年01月27日 18時55分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCの国内シェアナンバーワンを維持し続けるNECと、世界シェアでトップ5に入る中国のレノボは27日、戦略的提携に基づいた合弁会社を設立すると発表した。

 世界で3位に入るPC市場である日本における両社の提携は、強固なマーケットポジション、製品群の充実や販売チャネルの拡大を通じて、日本における企業・コンシューマ向けPC事業の強化を目指す。

 両社は、今年6月中を目途に“NEC レノボ・ジャパン グループ”を発足させる。このグループは、NEC・レノボ両社出資(出資比率:レノボ 51%、NEC 49%)による合弁会社「Lenovo NEC Holdings B. V.」を持ち株会社として、その傘下に100%子会社として、現NECパーソナルプロダクツのPC事業を分離して設立する新会社・NECパーソナルコンピュータと、レノボ・ジャパンが入る。

 なお、新合弁会社では、現NECパーソナルプロダクツ代表取締役執行役員社長の高須英世氏が社長に、現レノボ・ジャパン代表取締役社長のロードリック・ラピン氏が会長に就任する予定とのことだ。

 新会社は、市場で高く評価され、日本の顧客のニーズを熟知しているNECの製品開発力、顧客サポート等の強みに加え、レノボの技術力、躍進するグローバルビジネスやサプライチェーンの相乗効果により、日本のPCユーザのニーズに合った、より革新的で価格競争力に優れた製品を迅速に提供していくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ