このページの本文へ

サジェスト機能の搭載により、情報を絞り込む機能を強化

検索候補を自動提示!ConceptBase Enterprise Search 2.0

2011年01月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月18日、ジャストシステムは、企業内検索システム「ConceptBase Enterprise Search 2.0」を発表。3月15日より販売開始する。

企業内検索システム「ConceptBase Enterprise Search 2.0」

 ConceptBase Enterprise Searchは、検索キーワードを自動提示して情報を絞り込む機能を強化した企業内検索システム。

 新バージョンでは、入力中の検索キーワードに応じて他のクエリー候補を自動提示する「サジェスト」機能を搭載し、情報の検索を支援する。膨大な検索結果が表示された場合でも、「関連キーワード」を同時に表示し、絞り込みができる。

 また、検索結果はグリッド表示され、新搭載の「スマートフィルタリング」機能を使って、作成者やファイルの種類といった属性でフィルタリングでき、必要な情報を効率的に探し出せる。

 さらに、検索結果はサムネイル表示でき、マウスオーバーするだけで拡大して閲覧する機能も追加できる。

PDF文書を探す場合パワーポイントのスライドを探す場合

 対応OSはWindows Server 2008/2008 R.2/2003 R.2 SP2/RedHat Enterprise Linux 4 AS/ES Update4以降/RedHat Enterprise Linux 5.1 Server以降。

 価格(税別)は、1サーバーあたり登録可能文書数無制限の「ConceptBase Enterprise Search 2.0」が800万円。300万文書までの制限がある「ConceptBase Enterprise Search Workgroup Edition 2.0」が500万円。75万文書までの制限がある「ConceptBase Enterprise Search Basic Edition 2.0」が200万円。検索結果をサムネイル表示する「ConceptBase Enterprise Search サムネイル」は10万円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ