このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Mr.マリック、インターネットにも「きてます!」

2010年11月26日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タネも仕掛けも見せてしまう、ライブ時代のマジックへ

―― インターネットに話を戻します。テレビの場合、カメラワークや照明、エフェクトなどを使って、より「絵」(見た目)にこだわるような要素があったと思います。インターネット時代もやはりそうなんですか?

マリック いえ、マジシャンが背景や照明のことを考えるようではダメです。そこは絶対におしゃべりで引きつける。お客に対してやってることはずっとアナログで、そこを映像でどうにかすることはできません。そんなことをしたら自分たちの首を絞めるだけなんです。そもそも、それが特撮映画の歴史なんです。

「特撮映画はマジックから生まれた」という映像文化史を語るマリックさん。特撮映画ができたおかげで、「マジシャンでなくても不思議なことはできるじゃないか」と思われてしまった


―― 特撮というと、今で言う「ジュラシック・パーク」や「アバター」のような。

マリック かつて、フランスにロベール・ウーダンというマジシャンがいました。彼は、写真屋さん(映像制作会社)の下にサロンを持っていたんです。そして後年、そのサロンを買ったのがジャン・メリエスというマジシャン。

 そのメリエスが、たまたま「同ポジ」というテクニックを思いついたんですよ。いわゆる映像トリックですね。それを使って、映画館で「マジック映画」を流すようになったんです。


Image from Amazon.co.jp
ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編

―― 昔の映画で「瞬間移動」をするシーンとかですね。

マリック その彼が撮ったのが「月世界旅行」(1902)です。でも、マジック映画はマジックというよりマジック・プレイですよね。それはいつしか「誰でもできるじゃないか!」ということになり、それなら美男美女がやった方がいいということになって、どうせならストーリーがあった方がいいということで、短編映画というジャンルができた。マジシャンたちの仕事が奪われたんですね。


―― なるほど、メディアが映画というジャンルを作るきっかけがマジックだったと。では、インターネット時代、マリックさんがこれからやっていくのはどんなマジックなんでしょう。

マリック あえて(デジタルの)逆を行くようですが、「生で見せる」のがものすごく面白いんですよ。Tシャツ1枚でマジックを見せ合える時代ですからね。動画はうまい人もヘタな人もいてピンキリだし、インターネットだとすぐにタネがバラされてしまいます。「ネットで見なきゃよかった」と思うほど、ライブを先に見たかったという思いが強くなっている。


―― その感覚は、すべてのエンターテインメント業界に共通しているような気がします。そんな状況の中、注目しているマジシャンはいますか。

マリック デレン・ブラウン(Derren Brown)さんというイギリスのマジシャンがいるんですが、彼は心理学を取り入れたマジックをやっているんですね。町に大きなおもちゃ屋さんがあり、そこに来た1人の女性に「店に入って、フロアーすべてを見て、いちばん印象に残ったものを書いてくれ」と言うわけです。それを「キリンだ」と当てちゃうと。

Derren BrownさんのオフィシャルYouTubeチャンネル。「コールド・リーディング」と呼ばれる、心理学的対話術をマジックに取り入れたことでも知られている


―― すごい! それ、心理学なんですか?

マリック 壁などのディスプレイに、キリンがさりげなく描いてある。刷り込みですね。すごいことに、そのタネ明かしまでしちゃうんですよ。彼自身、マジックはものすごくヘタな人だったんですけど、今では彼がもっとも有名な「マジシャン」になりつつある。


―― なるほど。これまでとは違うジャンルができているということですね。

マリック 表も裏も見せても納得する。何も隠さない。自分でタネをバラし、そこで完結して、次に行く。そういう新しいタイプのマジシャンが現れてきているんだと思いますね。これまでとは違う、面白い時代になってきていると思いますよ。

「タネも仕掛けも見せて驚くマジック」という、新しい時代が到来していると語るマリックさん。メディアの将来にも通ずるものがあるのだろうか


ライブ&インターネットスクールに行こう!

 12月、マリックさん出演のライブマジックが全国で続々開催される。中にはプリンセステンコーとのコラボレーションも。生でしか見られない迫力を追及している、新しい「超魔術」をぜひ目撃してほしい。また、「Mr.マリック マジシャン養成スクール」では無料講座も開講している。せっかくの機会なので、忘年会向けに簡単なマジックでも覚えてみては?

  • 12月11日「Mr.マリックジャパンツアー2010」 ナスパニューオータニリゾート湯沢
  • 12月12日「Mr.マリックジャパンツアー2010」 秋田市民会館
  • 12月14日「Mr.マリックVSプリンセステンコー ディナーショー」 グランドプリンスホテル広島
  • 12月23日「Mr.マリックVSプリンセステンコー ディナーショー」 リーガロイヤルホテル大阪
  • 12月25日「Mr.マリック超魔術ディナーショー」 第一ホテル東京
■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン