このページの本文へ

ネットオーディオも熱い、2010東京インターナショナルオーディオショウ

有楽町に国内外のハイエンドオーディオ機器が集結!

2010年11月06日 12時00分更新

文● 橋本 優/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東京国際フォーラムのガラス棟4~7階のすべての部屋とD棟の一部を使用する大規模なオーディオイベント。全部をゆっくり回ると1日かかる
東京国際フォーラムのガラス棟4~7階(写真左側)のすべての部屋とD棟の一部を使用する大規模なオーディオイベント。全部をゆっくり回ると1日かかる

 日本インターナショナルオーディオ協議会が主催する「2010 東京インターナショナルオーディオショウ」が5日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開幕した。会期は10月7日(日)まで。入場料は無料。

 今回で28回目となるイベントには、国内のオーディオメーカーおよび海外製品を取り扱う代理店が30社ほど出展。個室に最新のオーディオ機器を展示し、普段はなかなか聞けないような高価なオーディオ機器の音を、来場者が体験できる貴重なイベント。中には数千万円のシステムもあるが、一方で近年USB端子やEthernetを搭載したPCオーディオ、ネットワークオーディオ機器もラインナップを広げており、この点でも注目だ。

100周年記念のデノンは「A100」という型番の記念モデルを展示。スーパーオーディオCDの再生が可能なBDプレーヤー「DBP-A100」(29万4000円)や9.2chサラウンドAVアンプ「AVR-A100」(29万4000円)などの試聴デモを実施していた
人が満杯のフォステックス(フォスター電機)の部屋では、フロアースタンディング型3Wayスピーカー「GX250」(1本34万9650円)とサブウーファー「CW250A」(8万3790円)の試聴ができる

ネットワーク対応プレーヤーのデモが盛ん

マランツのブースでは、ネットワークオーディオプレーヤー「NA7004」(9万7650円)やAVアンプ「SR7005」(19万9500円)などをデモ。B&W 800 DiamondシリーズやCLASSEのアンプなどと組み合わせている(右写真)
リンジャパンはネットワークプレーヤー「AKURATE DS/K」にステレオプリアンプ「KLIMAX KONTROL SE」、パワーアンプ「AKURATE 2200」といった組み合わせで試聴デモを実施 ネットワークプレーヤー機能とアンプを一体にした「SEKRIT DS-I」。カラフルなボディーカラーが目を引く
リンジャパンはネットワークプレーヤー「AKURATE DS/K」(上、99万7500円)にステレオプリアンプ「KLIMAX KONTROL SE」(中央、178万5000円)、パワーアンプ「AKURATE 2200」(下、66万1500円)という組み合わせで試聴デモを実施ネットワークプレーヤー機能とアンプを一体にした「SEKRIT DS-I」のカラーモデル(27万3000円)。カラフルな色合いが目を引く
ノアが視聴デモを行なっていたミュージックサーバー「4HD」(左、36万7500円)と「3HD」(右、17万8500円)。4HDは2TBのHDDを内蔵し、無線LANに対応。3HDは10月に発表されたばかりの入門機種。どちらも単体でCDのリッピングが行なえる

正式発表前の参考展示品もいくつか

アクシスが取り扱っているWadiaの最新DAC「121」の参考展示(左)。USBやSPDI/F入力端子を装備。iPodからデジタルデータを取りだせる「iTransport」(右)にも新モデル171 iTransportが追加される(8万3780円)。iPhoneやiPadに対応。ドック端子や映像関係の端子が省略されるなどの変更がある
マランツは「CLASSE」ブランドのプリアンプ「CP-800」とパワーアンプ「CA-M600」を展示。CP-800には2系統のUSB端子が装備されており、パソコンとの接続が可能
アイシン高丘はスチール球をハイカーボン素材で挟み込む形の「スーパーWコンタクト インシュレーター」を参考展示。スパイクインシュレーターを2組重ねたのと同じ効果を得られるという エソテリックはプリメインアンプ「I-03」を参考展示
アイシン高丘はスチール球をハイカーボン素材で挟み込む形の「スーパーWコンタクト インシュレーター」を参考展示。スパイクインシュレーターを2組重ねたのと同じ効果を得られるというエソテリックはプリメインアンプ「I-03」を参考展示
フォステクスが参考展示してた2Wayスピーカー「G1300」のピアノブラックモデル(右)
ラックスマンは3極管接続の真空管パワーアンプ「MQ-88u」や真空管プリアンプ「CL-38u」、レコードプレーヤー「PD-171」を参考展示。これらを組み合わせて試聴デモを行なっていた
ちなみに、エイ・アンド・エムが11月20日に発売するオーディオ用真空管「TA-300B」を展示していた。高槻電器工業製で、35年ぶりの国内生産となる。価格は一組9万8000円 ちなみに、エイ・アンド・エムが11月20日に発売するオーディオ用真空管「TA-300B」を展示していた。高槻電器工業製で、35年ぶりの国内生産となる。価格は一組9万8000円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン