このページの本文へ

日本式物流を海外で…ヤマト、香港で宅急便事業を開始

文●通販通信

2010年10月22日 09時18分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ヤマトホールディングスは10月21日、中国香港における宅急便事業、コレクト事業の開始ならびに、子会社の設立を発表した。

 同社は事業開始の理由として、香港は古くから金融や流通などのサービス業が発達し、一人当たりGDPも高いアジア有数の都市だが、「宅急便」に類似した高品質な物流サービスが存在していないと指摘。日本で培った「時間帯お届けサービス」や「冷蔵冷凍対応」、「代金決済サービス」を核とし、日本流の高品質な物流サービスを展開することで、新しい産業創出および雇用の活性化を実現する。

 事業開始時の設備投資額は、車両、施設など約2億7000万円(香港ヤマトデベロップメントより支出)。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く