このページの本文へ

通販協会、通販事業者を対象にカンファレンス開催へ

文●通販通信

2010年10月04日 10時00分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 社団法人日本通信販売協会は11月11・12日の2日間、通販事業者が抱える課題や関係法規制の情報提供を目的としたカンファレンス「TSUHAN(通販)2010」を東京・大手町のKKRホテル東京で開催する。

 同協会の会員企業のほか、通販企業、通販支援企業、業界参入を検討している企業を対象に、ケースに応じた顧客対応のあり方や関係性マーケティングの実践、法的規制の動向に関する情報を紹介する。

 会期中は、基調講演や通販業界のオピニオンリーダーによるカンファレンスなど25プログラムを実施。講義は有料と無料の2種類があり、有料の場合は1コマ1人3000円。

 基調講演は、11日に法政大学大学院・政策創造研究科教授の坂本光司氏を講師に迎えた「日本でいちばん大切にしたい会社~6500社を超える中小企業訪問で見出された企業経営の要諦とは~」、12日には(株)QVCジャパン代表取締役社長の佐々木迅氏を迎え「消費トレンドを牽引するTVショッピング」の講演を行う。2講演ともに受講料は無料。

 11日の夕方には、関係事業者の親睦を深める記念パーティーも開催する。懇親会費は5000円。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く