このページの本文へ

ツイッターの目的、男性「考え広めたい」・女性「ストレス解消」

2010年09月30日 10時05分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
クロス・マーケティングは9月29日、全国の男女15~49歳を対象に実施した「Twitterに関する調査」の結果を発表した。

 調査によると、Twitter、SNS、ブログを「直近1年で利用している」人は、Twitterが18.2%、SNSが14.5%、ブログが16.1%。「直近1年で利用している+1年以上前から利用している」は、Twitterが20.8%、SNSが28.0%、ブログが31.0%だった。

 Twitterを1年以上前から利用している人の中で、SNSを「1年以上前から利用している」は59.7%、ブログを「1年以上前から利用している」は69.5%。Twitter利用歴が長い人は、他のソーシャルメディア利用歴も長い傾向にある。

 また、ツイートしている理由は、性別に見ると「自分の考えを伝えたい/広めたい」は男性49.3%、女性38.5%。「ストレス解消」は男性31.5%、女性41.3%。男性は“自分の考えを伝えたい、広めたい”女性は“ストレス解消”の側面が強い。

 フォローまたはリツイートする理由は、1位が「人の考えを聞きたい」51.3%、2位が「コミュニケーションしたい」36.5%、3位は「共通する趣味の仲間を探したい」32.5%だった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く