このページの本文へ

グーグルウェブマスターツール、クロールエラーの急増を通知する機能を追加

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2010年08月31日 17時27分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグルウェブマスターツール、クロールエラーの急増を通知する機能を追加

グーグルは2010年8月31日、ウェブマスター向けのサイト管理ツール「ウェブマスターツール」の新機能として、googlebotのクロールエラーが急増したサイトに対してメッセージで通知する機能を追加した。

ウェブマスターツールには、googlebotのクロール状況をレポートし、robots.txt により制限されたURLや見つからなかった(404 not found)ページの一覧を表示する機能が用意されている。今回は、エラーが急増した場合にGoogleからの各種メッセージが届くメッセージ画面に、通知が届くようになった。メール転送機能と組み合わせることで、クロール関連の問題が発生した場合は即座に知ることができるようになる。

クロール エラーの急増をお知らせする、ウェブマスターツールの新機能について [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2010/08/blog-post_31.html

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く