このページの本文へ

MSI、3Dメガネ付きPCなど秋モデル5機種を発表

2010年08月24日 22時49分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エムエスアイコンピュータージャパンは、2010年秋モデル新製品としてオールインワンPCを1機種、ノートPCを4機種の計5機種を発表した。9月4日より全機種一斉に販売を開始する予定だ。

都内で行なわれた発表会で、2010年秋モデルを披露するエムエスアイコンピュータージャパン

オールインワンPC 「Wind Top AE2420 3D」

9月4日発売予定で、店頭想定売価は19万9800円

 解像度1920×1080ドットの23.6インチマルチタッチ液晶一体型のPC。同社独自の3Dワイヤレスメガネが付属しており、このメガネをかけることで3D映像を楽しむことができる。2Dを擬似3D化するオリジナルソフトウェアにより、写真、ビデオ、その他2Dソースのコンテンツを立体視することも可能だ。また、サウンドにも力を入れており、専用のサウンドチップとスピーカー(5W×2+10Wサブウファー)を内蔵するほか、ハリウッド映画のサラウンド音響システム品質規格「THX」の認証も取得している。

Mobility Radeon HD 5730と120Hz倍速駆動液晶パネル、そしてアクティブシャッターグラスを組み合わせたMSI独自の3D表示システム「MSI 3Dステーション テクノロジー」を採用。立体表示時でもちらつきが少なく、 LEDバックライト採用により明るく鮮明な映像を実現しているという

 CPUはCore i5-650で、グラフィックス機能としてMobility Radeon HD 5730 1GBを搭載している。搭載メモリは4GBで、HDDの容量は1TB、OSは64bit版のWindows 7 Home Premiumとなる。主な付属品は、ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、ワイヤレスリモコン、スタイラスペン、USB地上デジタルチューナー、ワイヤレス3Dアクティブシャッター式メガネなど。

タッチパネル液晶なので、画面をタッチして操作することもできる光学ドライブとしてBlu-ray Diskドライブ(スーパーマルチドライブ機能対応)を左側面に内蔵している

ゲーミングノートPC
「MSI GT660R/GX660R」

9月4日発売予定で、店頭想定売価は「GT660R」「GX660R」共に19万8000円

 すべてのコアを自動的にクロックアップするMSI独自のターボドライブエンジン(TDE)技術を搭載したゲーマー向けモデル。RAID 0のストライピング対応7200回転の500GB HDDを2台搭載し、メモリは最大12GBまで増設可能と、ノートPCとしては圧倒的なパフォーマンスを誇っている。
 搭載するGPUにより2機種構成とし、GeForce GTX 285M with 1GB GDDR3 VRAM搭載の「GT660R」と、Mobility Radeon HD 5870 with 1GB GDDR5 VRAM搭載の「GX660R」を揃えており、ユーザーの好みに合わせて選べるようになっている。

「GT660R」と「GX660R」の違いはGPUのみ。両モデルともMSI独自のターボドライブエンジン技術により、すべてのCPUコアを自動的にクロックアップできる。同社によると、他社製ノートPCと比べ最大16%の高速化を実現できるという

 CPUはクアッドコアの「Core i7-720Q」(1.6GHz)を採用、搭載メモリは4GBで、HDDは1TB(500GB×2)、OSは64bit版のWindows 7 Home Premiumとなる。液晶パネルは15.6インチ(1920×1080)フルHD光沢液晶で、バッテリ駆動時間は2.55時間。サイズは396×269×55mm、重量はバッテリー込みで約3.54kgとなっている。

ラグジュアリーノートPC 「MSI FX600」

9月4日発売予定で、店頭想定売価は11万8000円

 デザインを重視した大人のためのラグジュアリーノートPCという位置付けの製品だ。パワーボタンやボディラインにクローム仕上げを採用、ボディパネルには本機専用のシボ加工を施すことで、高級車の内装のようなイメージを演出している。また、指紋が付きにくい特殊な加工も施しているという。

ボディパネルには本機専用のシボ加工を施すことで、高級車の内装のようなイメージを演出。電源ボタン付近にはサラウンドスピーカーを配置しており、高級モデルとして差別化を図っている

 CPUは「Core i5-460M」(2.53GHz)、グラフィックス機能はGeForce GT 325M、液晶パネルは15.6インチ(1920×1080)フルHD光沢液晶を採用している。ラグジュアリーPCというだけあって機能は豊富だ。すべてのコアを自動的にクロックアップするMSI独自のターボドライブエンジン、GPUの性能をパワーアップするGPUブーストテクノロジー、THXサラウンドオーディオ、高音質4スピーカー、720p HD動画の撮影も可能な130万画素ウェブカメラなどを搭載している。
 本体サイズは383×249.3×32.5mmで、重量はバッテリー込みで約2.48kg。OSは64bit版のWindows 7 Home Premiumとなる。

ラグジュアリーネットブック 「MSI U160 DX」

9月4日発売予定で、店頭想定売価は3万8800円

 「Atom N455」(1.66GHz)に、「NM10」チップセットと「GMA3150」グラフィックスを組み合わせた最新ネットブック。従来モデルと比較して10%のパフォーマンス向上と、15%の省電力化を実現しているという。新設計のキーボードは、独立レイアウトとし、十分なキーピッチをとることで、入力時のストレスを軽減している。

重量1.08kg、薄さ1cm以下と、持ち運びにストレスが溜まらないコンパクトさを実現タッチパッドとパームレストの段差をなくしたシームレスデザインが特徴

 液晶パネルは、解像度1024×600ドットの10インチ光沢液晶、搭載メモリはDDR3-667 1GB、HDDは2.5インチ SATA 160GB 、OSはWindows 7 Starterとなる。折り畳み時のサイズは265(W)×165(D)×19.8~25.4(H)mm(突起部含まず)で、重量は約1kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中