このページの本文へ

ドコモと大日本印刷、電子書籍ビジネスで提携

文●通販通信

2010年08月05日 10時02分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

エヌ・ティ・ティ・ドコモ(ドコモ)と大日本印刷(DNP)は8月4日、携帯端末向け電子出版ビジネスで業務提携した。

 今後、携帯電話やタブレット型端末など多様化する通信端末で、ユーザーが時間や場所を問わず利用できる電子出版市場の発展と、紙の書籍と電子出版コンテンツのハイブリッド型サービスの普及に向けて両社で検討。コンテンツ収集から配信、電子書店の運営までを一貫して行う、電子出版サービスの今秋の開始を目指す。

 提携の内容としては、「ドコモユーザーを核とした利用者層向け電子出版プラットホームの共同構築」「書籍やコミック、雑誌、新聞など10万点を超える電子出版コンテンツの収集・電子化・販売」「ドコモの携帯電話、スマートフォン、タブレット型端末、電子書籍専用端末など、様々なデバイスに対応した電子書店サービスの運営」「DNPグループのリアル書店(丸善・ジュンク堂・文教堂)やオンライン書店「bk1」と電子書店との連携」「5600万人のドコモユーザーとDNPグループのリアル書店を利用するユーザーに向けた新読書マーケットの創出」を挙げている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く