このページの本文へ

DHCがマレーシアでの販売開始、ワトソングループと代理店契約

文●通販通信

2010年08月02日 10時10分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ディーエイチシー(DHC)は7月30日、アジア最大のドラッグストアチェーン「A.S.Watson Group(ワトソングループ)」のマレーシア法人Watson’s Personal Care Stores Sdn.Bhd.と代理店契約を締結し、マレーシアでの販売を開始すると発表した。

 DHCが展開する海外代理店での進出国は、シンガポールに続きマレーシアが第2カ国目となる。

 Watson’s Personal Care Stores Sdn.Bhd.は、マレーシア全土に218店舗あり、そのうち売り上げ上位を占める20店舗にて、DHC商品を販売する。取り扱いは化粧品のみで、発売当初は、すべすべシリーズ4品に注力し、「天然成分、高品質、優しさへのこだわり」と、4ステップのシンプル・スキンケアをDHCブランドのコンセプト基盤として、ブランド訴求を図る。

 発売開始時は14品目の取り扱いだが、今後は品目数、店舗数を増やし、今後も海外各国への積極的な事業展開を図る。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング