このページの本文へ

ロフトワークのクリエイティブディレクターが教える

「売れる」Webコンテンツを作る3つの視点

2010年08月03日 10時00分更新

井上果林/ロフトワーク クリエイティブディレクター

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 「Webコンテンツを使って自社の製品をPRしたい」「新規顧客を獲得したい」と考えたとき、製品担当者の皆さんはどのような方法を考えるでしょうか?

 「メディアとのタイアップで記事を作る」「広告バナーを出してコンテンツに誘導」「メルマガ読者に向けたコンテンツを作成する」……。アイデアは尽きませんが、当然、使える予算や制作期間には限りがあります。ただ思いつくままに、漠然とWebコンテンツを作ってプロモーション展開できるわけではありません。

 コストに合う的確な戦略を練り、読者に届く、つまり「Webコンテンツを見て、製品購入あるいは問い合わせをする」、コンバージョン率の高いコンテンツを作らなければなりません。

 このコラムでは、クリエイティブディレクターとして多くの企業案件を担当してきた経験をもとに、製品紹介のWebコンテンツを作成するときに欠かせないポイントを「3つの視点」で紹介します。


NECの成功プロジェクトの舞台裏を解説!

 8/31に東京都内で開催されるセミナー商談に繋がるWebコンテンツとは?〜 NECが語る、CRM戦略におけるWebメディアの活用法では、本稿の筆者・ロフトワークの井上氏が手掛けたビジネスポータルサイト「Wisdom」のコンテンツ制作の事例を解説します。ぜひご参加ください(参加は無料、要申し込み)。

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く