このページの本文へ

RSA1024を使用したSSLサーバー証明書の発行申請を終了

クロストラスト、10月で受付終了のRSA1024を大幅値下げ

2010年07月02日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月1日、クロストラストは、携帯サイト向けSSLサーバー証明書の「サヨナラRSA1024キャンペーン」を開始したと発表した。

携帯サイト向けSSLサーバー証明書の値下げとなる「サヨナラRSA1024キャンペーン」を開始

 「サヨナラRSA1024キャンペーン」は、PC及び携帯電話に適した1024ビットRSAのSSLサーバー証明書「EnterpriseSSL for mobile」の「3年分割プラン」利用料金7万3500円が、対象期間中の申込分について年間6万3000円に値下げされるキャンペーン。

SSL対応携帯電話端末

  • NTT docomo iモード SSL対応端末(全機種対応)
  • SoftBank Yahoo!ケータイ SSL対応端末(全機種対応)
  • au(KDDI) EZ web SSL対応端末(全機種対応)
  • E MOBILE H11HW を除く全ての機種

 同社では「暗号の2010年問題」に対応するため、10月24日をもってRSA暗号の1024ビット鍵を使用したSSLサーバー証明書の発行申請を終了し、RSA2048への完全移行を実施する。そのため、一部存在するRSA2048非対応の携帯電話など向けてサービスを継続するのであれば、この先3年間利用できるRAS1024の証明書を割り引き価格で入手できる本キャンペーンは狙い目となるだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ