このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ビジネスを彩る、省スペースPC第2回

ベンチマークで知る、イマドキの省スペースPC

2010年07月01日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

性能・冷却性能・省電力性で切る!

 省スペースPCに限らず、クライアントPCを導入する際に気になるのは導入コストとパフォーマンスだ。さらに維持コストを左右する消費電力、そして内部パーツの寿命に影響する冷却性能も注目したいポイントである。ここでは、これらの点に注目して省スペースPCの性能をチェックした。

 今回の調査にあたり用意したのは下記の6機種だ。各メーカーのビジネス向けPCの売れ筋モデルからニューフェイスまでをセレクトしている。


NEC「Mate タイプME MY32BE-A」(以下、タイプME)

 NECの「Mate タイプME MY32B/E-A」は、ビジネス向けデスクトップPCとして人気の高い、NECのMateシリーズの3年標準保証付きCore i5搭載モデルだ。

「Mate タイプME MY32BE-A」。本体サイズは、幅88×奥行き227×高さ345mmで重量は約8.3kg

 HDDはRAID1構成で、さらにデュアルディスプレーにも対応する。最小構成価格は12万8100円からで、この場合のCPUはCore i3-540(3.06GHz)となる。

「Mate タイプME MY32BE-A」の主な仕様
CPU Core i5-650(3.2GHz)
メモリー 2GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 220
ストレージ HDD 160GB×2(RAID1構成)
OS Windows 7 Professional 32bit版
直販価格 20万7900円

富士通「ESPRIMO D530/A」(以下、D530/A)

 富士通のスタンダードなビジネス向け省スペースPC。多彩なカスタマイズ性がウリで、CPUはPentium E5300(2.6GHz)やCore 2 DuoE7500(2.93GHz)など、6種類から選べる。

「ESPRIMO D530/A」。本体サイズは、幅89×奥行き338×高さ332mmで重量は約6.8kg

 今回用意したのは一番低価格なCeleron 430(1.8GHz)だ。最上位構成では、CPUにCore 2 Duo E8500(3.16GHz)を搭載する。

「ESPRIMO D530/A」の主な仕様
CPU Celeron 430(1.8GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス チップセット内蔵
ストレージ HDD 160GB
OS Windows 7 Professional 32bit版
直販価格 14万1750円

デル「OptiPlex 780 USFF」(以下、780 USFF)

 「OptiPlex 780」はデルのビジネスPCの中堅モデル。その中でもっともコンパクトなモデルとなる「OptiPlex 780 USFF」を取り上げる。

「OptiPlex 780 USFF」。本体サイズは、幅65×奥行き236×高さ239mmで重量は約3.2kg

 テストしたのはBTOで選択できる最上位CPUのCore 2 Duo E8600(3.33GHz)を搭載した構成。最小構成価格は7万9992円で、この場合のCPUはCeleron 450(2.2GHz)となる。

「OptiPlex 780 USFF」の主な仕様
CPU Core 2 Duo E8600(3.33GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス チップセット内蔵
ストレージ SSD 64GB
OS Windows 7 Professional 64bit版
直販価格 16万3362円

日本HP「Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」(以下、6005 Pro)

 AMD製CPUを採用することでコストパフォーマンスを追及した製品が、日本HPの「Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」だ。80PLUSの最高ランクであるGOLD取得の電源ユニットを搭載し、89%以上の高い電源変換効率を誇る。DisplayPortを装備し、標準でデュアルディスプレーに対応する。

「Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」。本体サイズは、幅66×奥行き254×高さ251mmで重量は約3.1kg

 最小構成価格は5万2500円からで、この場合のCPUはSempron 140(2.7GHz)。今回用意したスペックは下記の表のとおり。

「Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」の主な仕様
CPU Athlon II X2 B24(3GHz)
メモリー 2GB
グラフィックス チップセット内蔵(Radeon HD 4200)
ストレージ HDD 160GB
OS Windows 7 Professional 32bit版
直販価格 7万8750円

レノボ「ThinkCentre M90z All-In-One」(以下、M90z)

 ビジネス向けとしてはまだまだ珍しい液晶一体型PC。マルチタッチ対応で23型ワイドの大型液晶ディスプレーを搭載する。最小構成価格は8万9880円からで、CPUはCore i3-530(2.93GHz)。

ThinkCentre M90z All-In-One」。本体サイズは、幅560×奥行き109×高さ443mmで重量は約11.5kg

 今回用意したモデルはCore i5-650(3.2GHz)を搭載する。DisplayPort経由で外部液晶ディスプレーを接続することも可能だ。

「ThinkCentre M90z All-In-One」の主な仕様
CPU Core i5-650(3.2GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ストレージ HDD 320GB
OS Windows 7 Professional 32bit版
直販価格 10万7730円

エプソンダイレクト「Endeavor AT980E」(以下、AT980E)

 エプソンダイレクトからリリースされた、省スペースPCの新モデルが「Endeavor AT980E」である。今回選択したのは最小構成モデルで、スペックと価格は下記表のとおり。

「Endeavor AT980E」。本体サイズは、幅99×奥行き383×高さ310mmで重量は約6.7kg

 BTO時の最上位CPUとしてはCore i5-680(3.6GHz)を選択できる。

「Endeavor AT980E」の主な仕様
CPU Pentium G6950(2.8GHz)
メモリー 1GB
グラフィックス CPU内蔵
ストレージ HDD 250GB
OS Windows 7 Home Premium 32bit版
直販価格 5万9850円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ