このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

萌えながら酔う! 萌酒サミット&とむりえドラマCD発表会開催

2010年06月30日 18時00分更新

文● 小野坂怜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 去る6月6日に日本酒発表会「萌酒とむりえイベント ~萌酒サミット&とむりえドラマCD作っちゃうぞ発表会!~」が、パセラリゾーツ銀座で開催された。「萌酒とむりえ」シリーズとは、萌えキャラと日本酒をコラボレーションした商品のこと。2009年10月に第1弾「おじょう」が、2010年3月に第2弾「おぎん」が発売され、そして来る7月16日に第3弾「まいか」がリリース予定の異色プロジェクトだ。

左から、第2弾のおぎん、第1弾のおじょう、第3弾のまいか。価格は、それぞれ1450円、1890円、2000円となる

 パッと見、古くは「Microsoft Windows」シリーズを美少女化した「OSたん」、近頃では国を擬人化した「Axis powers ヘタリア」や駅を擬人化した「ミラクル☆トレイン」など、さまざまなジャンルで定着しつつある「萌え擬人化」に見えるが、本シリーズはキャラクターを先にデザインし、そのキャラクターからイメージされる味を再現した日本酒というのが特徴だ。
 本イベントでは、とむりえシリーズのひとつとして発売されるドラマCDの発表と、第3弾「まいか」が先行発売された。

酒に酔う? それとも美少女に酔う?

 当日は2部構成で、第1部はドラマCD発売の発表会、第2部は発売を記念したイベントというプログラムで構成されていた。そのため報道関係者だけでなく、チケットを購入した一般の方も参加可能だった。会場では、7月16日発売予定の新作「まいか」の先行発売を含めた物販、そしてパセラリゾーツ銀座という会場をフル活用した萌酒のカクテル販売が目をひいていた。

会場の様子。会場はさほど広くないが、逆に考えるとステージをかなり間近で見られるナイスなイベントだ
物販ブースには「コミケットスペシャル5 in 水戸」で発売された「梅香」や「うめ物語」、「水戸の美酒 荻野谷なか」なども並んでいた
物販の店頭では、とむりえシリーズのキャラクターコスをしたレイヤーさんが笑顔で売り子をしていた客席の背後にはバーカウンターがあり、とむりえシリーズとそれを使ったカクテルを販売。しかも会場内で飲めるという、お酒好きにはたまらないサービス

各キャラにはイラストだけでなく
性格の設定まであった!

 会場をひとまわりしたところで、ちょうどイベントがスタート。前説には、ドラマCDを販売するウェーブマスター社のプロデューサーが登場。イベントでの前説には慣れているというだけあって、その経験を活かしたトークに会場は爆笑の渦となった。

「私なんか撮る必要あります!?」と、トークの最中に取材陣をいじる余裕もあるプロデューサー。そんな瞬間をパシャリと捉えた一枚。この人がいなければ、萌酒は生まれなかったのだ。まさに神!

 次に登場したのが、会場内でイベントのお手伝いをしていたレイヤーさんたち。各自コスプレしているキャラクターの性格で自己紹介。特におぎんのツンデレには、観客全員が大いに盛り上がった。

左から、メイドさん(該当キャラクターはなし)、酔逸撫子、まいか、おぎん、おじょう。まいか役のレイヤーさんはイベント参加が初とのことで、かなり緊張していた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ