このページの本文へ

Intel「Core i7-875K」、「Core i5-655K」、「Core i3-550」、「Pentium Dual-Core E6700」

倍率フリーのCore i7ほか、CPU計4製品が本日販売解禁

2010年06月01日 01時00分更新

文● 北村/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのLGA 1156対応CPU「Core i7-875K」、「Core i5-655K」、「Core i3-550」、「Pentium Dual-Core E6700」の4製品が本日1日から一斉に発売開始となる。プロセッサーナンバーの末尾“K”は倍率固定が解除されていることを表している。

Clarkdaleコアの「Core i5-655K」(写真左)とLynnfieldコアの「Core i7-875K」(写真右)倍率固定解除を示す「UNLOCKED」の文字がパッケージに印刷されている

倍率ロックフリーを意味する“K”
これはインテル版Black Editionなのか?

 「Core i7-875K」はクロック周波数2.93GHz(TurboBoost時は3.6GHz)、L2キャッシュ256KB×4(計1MB)、L3キャッシュ8MB、TDP95WとなるクアッドコアCPU。スペックは「Core i7-870」とまったく同じだが、型番末尾の“K”が示す通り、倍率固定が解除されている。ちょうどAMD製CPUの「Black Edition」にあたる位置づけだ。
 「Core i5-655K」は、クロック周波数3.2GHz(TurboBoost時は3.46GHz)、L2キャッシュ256KB×2(計512KB)、L3キャッシュ4MB、TDP73WとなるデュアルコアCPU。こちらも倍率固定が解除されている以外は、「Core i5-650」とまったく同じスペックだ。
 販売を予定しているショップと、予価は以下の通り。

価格ショップ
Intel「Core i7-875K」
¥33,680クレバリー1号店
¥33,960ZOA秋葉原本店
¥33,780ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥33,800ソフマップ駅前店
¥33,980ドスパラ秋葉原本店
¥34,360パソコンハウス東映
¥34,734T-ZONE.PC DIY SHOP
¥34,770フェイス秋葉原本店
¥34,780TWOTOP秋葉原本店
¥34,800アーク
ソフマップ秋葉原リユース総合館
Intel「Core i5-655K」
¥21,480クレバリー1号店
¥21,660ZOA秋葉原本店
¥21,760パソコンハウス東映
¥21,780ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥21,800アーク
ソフマップ駅前店
¥21,970フェイス秋葉原本店
¥21,980ドスパラ秋葉原本店
TWOTOP秋葉原本店
ソフマップ秋葉原リユース総合館
¥22,029T-ZONE.PC DIY SHOP

 なお「Core i7-875K」と「Core i5-655K」は、倍率固定が解除されていることからわかるとおり、オーバークロックを前提とした製品となっている。そのため、どちらの製品にもCPUクーラーが付属していない。別途、「Core i7-980X Extreme Edition」に付属しているCPUクーラーに似た形状の「XTS100H」が発売されるので、純正品にこだわる人は、同時に購入するといいだろう。

純正CPUクーラーとして「XTS100H」が別途発売。タワー型のヒートシンクと4本の銅製ヒートパイプ、冷却ファンという構成のサイドフローモデルだ従来品(写真右)と比べると「Core i7-875K」と「Core i5-655K」のパッケージは、CPUクーラーが付属しないためかなり薄い
価格ショップ
CPUクーラー「XTS100H」
¥4,970フェイス秋葉原本店
¥4,980アーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
T-ZONE.PC DIY SHOP
TWOTOP秋葉原本店

オーバークロックしないなら
財布に優しいエントリーモデルを!

 一方、「Core i3-550」は、「Core i3」シリーズの最上位モデルとなる。クロック周波数3.2GHz、L2キャッシュ256KB×2(計512KB)、L3キャッシュ4MB、TDP73WのデュアルコアCPUで、ちょうど「Core i5-650」のTurbo Boost機能を削ったモデルといったところ。

Clarkdaleコアの「Core i3-550」。「Core i5-650」のTurbo Boost機能を削ったモデルといったところだ

 そして最後に紹介する「Pentium Dual-Core E6700」は、LGA 775対応デュアルコアCPUの新製品。今から「LGA 775対応のCPUを買うか?」と言われると、ちょっと躊躇してしまいそうだが、LGA 775対応CPUは、実は4月に「Pentium Dual Core E5500」が発売されていたりする。今回の「E6700」は、「E6600」(3.06GHz)の後継モデルで、「Pentium Dual-Core」シリーズの最上位モデルにあたる。主なスペックは、クロック周波数3.2GHz、L2キャッシュ2MB、TDP65Wとなる。

Wolfdaleコアの「Pentium Dual-Core E6700」。現在発売されているLGA 775対応CPUとしては最強最速となる

 ちなみに「Core i3-550」と、「Pentium Dual-Core E6700」は、どちらの製品にもCPUクーラーが付属している。販売を予定しているショップと、予価は以下の通りとなっている。

価格ショップ
Intel「Core i3-550」
¥13,980ドスパラ秋葉原本店
クレバリー1号店
¥14,250ソフマップ駅前店
¥14,260パソコンハウス東映
¥14,280ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥14,360ZOA秋葉原本店
¥14,469T-ZONE.PC DIY SHOP
¥14,480アーク
¥14,770フェイス秋葉原本店
¥14,780TWOTOP秋葉原本店
¥14,800ソフマップ秋葉原リユース総合館
Intel「Pentium Dual-Core E6700」
¥8,980ZOA秋葉原本店
ドスパラ秋葉原本店
ソフマップ駅前店
¥9,060パソコンハウス東映
¥9,080ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥9,219T-ZONE.PC DIY SHOP
¥9,270フェイス秋葉原本店
¥9,280TWOTOP秋葉原本店
クレバリー1号店
¥9,400アーク
¥9,480ソフマップ秋葉原リユース総合館

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中