このページの本文へ

スキンケア通販のペー・ジェー・セー・デー、民事再生法申請

文●通販通信

2010年05月25日 09時31分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ペー・ジェー・セー・デーは5月18日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。  同社は1999年7月に設立し、ソープ、化粧水などスキンケア用品の通販事業を展開。「朝のためのソープ」、「夜のためのソープ」など比較的高価格帯の商品をそろえ、ネット販売を中心に新聞、雑誌での通販も手がけ、2007年3月期には年売上高約16億円を計上していた。  しかし、近年は消費不況下で次第に業容が縮小、2009年3月期の年売上高は約13億円にとどまり、借り入れ負担も高まっていた。こうしたなか、今年2月に貸付金の返済が滞っていたことなどから、取引先より破産を申し立てられる事態となり、これに対抗し今回の措置となった。  負債は2009年11月末現在で約34億9700万円。申請代理人は佐藤明夫弁護士ほか3名。調査委員には矢島匡弁護士が任命されている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く