このページの本文へ

Google Analytics、非同期トラッキングコードを標準に

2010年05月21日 10時01分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

グーグルは2010年5月17日、アクセス解析ツール・Google Analytics (以下、GA)の非同期トラッキングコードを標準のコードとして利用可能になったことを発表した。

GA非同期トラッキングコードは2009年12月にベータ版として提供開始した。非同期トラッキングコードは、他のJavaScript コードの読み込みが完了しなくてもロードされるため、待ち時間が減少してHTMLの描写速度も改善される。

なお、従来のトラッキングコードと入れ替える際に、オプションの関数を導入している場合は非同期トラッキングコード用の関数に変更する必要がある。

成長し続ける Google Analytics のエコシステム
http://analytics-ja.blogspot.com/2010/05/growing-google-analytics-ecosystem.html


Google Analytics のトラッキングコードが新しくなりました
http://analytics-ja.blogspot.com/2009/12/new-tracking-code.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く