このページの本文へ

インフォコムグループ 中期経営計画重点分野でクラウド型サービスを推進
~事業基盤の強化を進めるGRANDIT事業で、クラウド型「GRANDIT」の提供を開始~

2010年05月12日 15時30分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インフォコムグループ 中期経営計画重点分野でクラウド型サービスを推進
~事業基盤の強化を進めるGRANDIT事業で、クラウド型「GRANDIT」の提供を開始~

インフォコムグループは、中期経営計画(平成21年5月公表)で重点分野の1つに位置付けているGRANDIT分野で、最新の技術を駆使した仮想化基盤を保有する当社データセンターを活用し、完全Web-ERP「GRANDIT」の強みを生かしたクラウド型サービスの提供を開始します。
インフォコムグループでは、既に提供している「ITサービスを利用する」スタイルのサービスに加え、今回の完全Web-ERP「GRANDIT」のクラウド型サービスの提供開始を通じて、中期経営計画を引き続き精力的に推進してまいります。

 インフォコム株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 吉野 隆、以下インフォコム)は、国内6社、海外2社のグループ会社と構成するインフォコムグループ一体となって、平成22年3月期から平成24年3月期を期間とする中期経営計画(平成21年5月公表)を精力的に推進しています。

 インフォコムグループでは、これまでにも緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール」やSaaS型コールセンターサービス「LACTEUS(ラクティアス)」、図書館向け完全Web対応図書館業務システム「Hello Library(ハローライブラリー)」等において、「ITサービスを利用する」スタイルのサービスを提供してきましたが、平成21年3月期に顕在化した経済環境の悪化を受け、ITの利用形態は、これまでの「IT資産を保有する」スタイルから、「ITサービスを利用する」スタイルへの移行がより一層進展する事を想定しています。

 この事を踏まえ、中期経営計画で重点分野の1つに位置付けるGRANDIT分野においても、最新の技術を駆使した仮想化基盤を保有する当社データセンターを活用し、完全Web-ERP「GRANDIT」のクラウド型サービスの提供を開始する事としました。


【ご参考 中期経営計画 重点分野】
 中期経営計画では4つの重点分野を下表のように定め、今回新たなサービスを開始するGRANDIT事業は、その1つに位置付けています。
■成長加速
・ネットビジネス  コンテンツ、eコマースの成長加速と新事業の立ち上げ
・ヘルスケア    病院経営支援、診断支援等分野への積極的展開
■基盤強化
・GRANDIT     継続的な製品強化により、品質向上と競争力強化を推進
■新ビジネスモデル
・データセンター  SaaS※型事業立上げ


【ご参考 現在展開している企業が「ITサービスを利用する」スタイルのサービスの概略】
■緊急連絡/安否確認システム 「エマージェンシーコール」
 阪神淡路大震災から現在に至るまで、様々な災害で活用されてきた緊急連絡/安否確認システム。メール、携帯・固定電話、PHS、FAX等多彩な通信媒体を利用して、社員の安否確認、安否集計、情報収集が可能。発売開始から14年間に亘り蓄積したノウハウとユーザニーズを反映した改良を重ね、現在約250社、利用者100万人以上の導入実績を有している。震災だけでなく新型インフルエンザ対策として、事業継続計画の支援ツールとして利用が可能。

■SaaS型コールセンターサービス「LACTEUS(ラクティアス)」
 「LACTEUS」は、1席・1ヶ月単位で利用できるSaaS型コールセンターサービス。高額な機器やシステムの導入をせずに、電話機とパソコンがあればいつでもどこでも、短期間でコールセンターを開設する事が可能。2010年2月、特定非営利活動法人ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアムによる優れたASP・SaaS事業者を表彰する「ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード2010」において、委員長が推薦する優れたサービスとしてASP・SaaS部門で「委員長特別賞」を受賞。

■図書館向け完全Web対応図書館業務システム「Hello Library(ハローライブラリー)」
 図書、雑誌の目録登録、貸出・返却、図書館間の相互貸出等、図書館業務を行うための図書館業務システムの機能に加え、電子図書館システムとしてデジタル化された論文や重要な古文書、画像や音声等、図書館の所蔵品のアーカイブデータの管理・検索・公開する機能も併せ持つシステム。完全Web対応の特長を活かし、利用者は国内外を問わず所蔵品の情報を検索・閲覧することが可能。


【用語解説(五十音順)】
■GRANDIT
当社グループのインフォベック株式会社が、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成したWeb-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されている。BI、EDI、ワークフロー等を標準搭載し、多通貨機能、マルチカンパニー、柔軟な組織変更への対応等、中堅企業向けながら、大企業にも必要とされる機能を豊富に盛り込んだ製品となっている。インターネット時代を代表するWeb-ERPという先進的な特徴が好評で、これまで460社・1900サイトにのぼる導入実績を上げており、日本を代表するERPとして急成長している製品である。

■SaaS
Software as a Serviceの略。ユーザーが開発者等からソフトウェア提供を受けるに当たり、必要な機能のみを選択してインターネットを経由して利用できるようにしたソフトウェアの事。

■仮想化
コンピュータにおいて、1台のコンピュータの上で複数のOSを稼動する、または複数のコンピュータを1台のハードウェアであるかのように利用する技術。インフォコムでは、信頼性、拡張性、省エネ効果の高い仮想化基盤を活用して提供するコストパフォーマンスに優れた月額課金制の仮想化ホスティングサービスを提供している。

■クラウド
ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人等)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データ等を、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。インターネット経由の一般向けサービスを「パブリッククラウド」、業界内・企業内(ファイアーウォール内)等のサービスを「プライベートクラウド」という。

■サービス・セグメント
当社グループは、ソリューション・セグメント、サービス・セグメントの2つのセグメントで事業を構成する。 ディザスター・リカバリー機能の充実化を支援する、データセンターを核とした高品質かつ高信頼性を誇るデータセンター・サービス「エクステーション」の提供の他、携帯電話やPC利用者向けには、着信メロディや着うたフル、電子書籍、健康情報、パズルゲームやメール装飾素材、ソーシャルアプリケーション等のコンテンツ配信、CD/DVD、アパレル、美容・健康商品等を販売するeコマースサイトを展開している。

■ソリューション・セグメント
当社グループは、ソリューション・セグメント、サービス・セグメントの2つのセグメントで事業を構成する。大規模顧客のIT機能の一翼を担うとともに、医薬医療機関や文教、知的財産等の分野に特化した自社開発パッケージ製品を提供している。また、様々な法人に適合する完全Web-ERP「GRANDIT」、情報資産の高度活用に対応するデジタルコンテンツ管理ソリューション等も提供している。

■データセンター
当社グループのサービス・セグメントに分類しており、自社保有のデータセンターで、システム運営の様々なニーズに的確に応えるワンランク上のデータセンター・サービスを提供している。最新の技術を駆使した仮想化基盤の強化を完了し、SaaS 型ビジネスを積極的に推進するとともに、システム運用に関するコストパフォーマンスの向上やグリーンIT 化に対応する顧客を支援する仮想化ホスティングサービスも提供している。ITサービスマネジメントシステムに関する国際認証(ISO20000)を有した信頼性の高いシステム運用によるIT フルアウトソーシングサービスを提供する。

■ネットビジネス
当社グループのサービス・セグメントに分類しており、インターネットを活用し、コンテンツ配信やeコマース等のサービスを提供している。コンテンツ配信では、着信メロディや着うたフル等の音楽系コンテンツやコミック等の電子書籍、健康情報、パズルゲームやメール装飾素材、ソーシャルアプリケーション等を提供している。また、CD/DVD、アパレル、美容・健康商品等を販売するeコマースサイトを展開している。

■ヘルスケア
当社グループのソリューション・セグメントに分類しており、医療、ヘルスケア領域向けのパッケージソリューションの開発・販売やSIを提供している。医療情報の高度活用による医療の質向上を目指し、医用画像、薬剤情報、患者臨床情報等の広範囲な医療情報を有効に活用したソフトウェア製品やソリューション、情報サービスを提供している。


<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室長 松尾 宏治
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL:http://www.infocom.co.jp
※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。

News2uリリース詳細へ

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画