このページの本文へ

パナソニック「VIERA」にLEDバックライトモデル登場

2010年03月30日 21時49分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックから、LEDバックライトを採用した液晶テレビ「VIERA D2」シリーズが発表された。

42V型の「TH-L42D2」

42V型の「TH-L42D2」

 42V型の「TH-L42D2」(予想実売価格22万円前後)、37V型の「TH-L37D2」(同18万円前後)、32V型の「TH-L32D2」(同16万円前後)、26V型の「TH-L26D2」(同13万円前後)、22V型の「TH-L22D2」(同8万円前後)、19V型の「TH-L19D2」(同7万円前後)の全6モデルがラインナップされている。

 発売日は42V型が6月11日で、そのほかは4月23日となっている。なお、42/37V型のみフルHDパネルを搭載する。

42/37V型のエッジライト式LEDバックライト。上下に配置されている

42/37V型のエッジライト式LEDバックライト。上下に配置されている

「LEDクリアフォーカス」の仕組み図

「LEDクリアフォーカス」の仕組み図

 42/37/32V型のモデルは「新IPS液晶パネル」を採用。開口率を高め、さらにエッジライト式のLEDバックライトを採用することで業界トップクラスの省電力を実現しているという。なお、42V型では現行省エネ法基準で88kWh/年(4月からに改正省エネ法基準では95kWh/年)の年間消費電力となっている。

 また、42/37V型モデルは倍速駆動に加え、上下に配置されたLEDバックライトを交互にオン/オフする「LEDクリアフォーカス」を搭載。いわゆる黒挿入のような視覚効果で映像のホールド時間を短くしている。

22/19V型はブラックとホワイトの2色から選べる

 加えて、全機種とも機能強化された「AI機能」により、映像シーンの特徴に応じてLEDバックライトを制御。黒が引き締まった深みのある映像が視聴できるという。

 そのほか、サーバー機能搭載「DIGA」で録画した映像などをLAN経由で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」機能も搭載する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中