このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「Angel Beats!」のキャラクターカラー資料が公開解禁に!

2010年03月29日 22時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 これまでモノクロのキャラクター設定資料しか公開されてこなかった「Angel Beats!」。放送まで残すところ一週間を切ったこの日、謎のベールに包まれていたカラー資料を入手!
 放送まで、後わずかな時間しか残されていないが、死んだ世界戦線の面々を始め、各キャラクターの情報を頭に入れておこう!

死んだ世界戦線(SSS)とは

 ゆりっぺがリーダーを務める「死んだ世界戦線(SSS)」は、理不尽な人生を与えた神に反抗するために生まれた組織。
 戦線のメンバーは学校のものとは異なる制服を着ており、肩には「rebels against the god」と刺繍されたワッペンをつけている。直訳すると「神への反逆者」という意味になる。

運命と神にあらがい続ける少女「ゆり」

 死後の世界で「死んだ世界戦線(SSS)」を率いる少女。性格は勝ち気で強気。口より先に手が出るタイプだが、それでも嫌われることはない、人好きのする女の子だ。
 本名は“ゆり”だが、戦線のメンバーたちは親しみを込めて「ゆりっぺ」と呼んでいる。

ゆり

秩序を守る神秘的な少女「天使」

 死後の世界の学校で生徒会長を務める、少女の姿をした天使。彼女個人を示す名前はあるのかどうかすら不明。おとなしく成仏しようとしない「死んだ世界戦線」のメンバーたちと、幾度となく激しい戦いを繰り広げている。
 感情がないわけではないが表情の変化に乏しく、なにを考えているのか分かりづらいところがある。
 どのような心境で、ゆりっぺたちと敵対しているのだろうか?

天使

環境の急変に戸惑う少年「音無」

 生前の記憶を失ってしまった、本編の主人公。
 自分はなぜ死んでしまったのか、死後の世界とはなんなのか、そして自分も戦線に参加すべきなのか・・・・・・。
 突然の環境の変化が、彼に選択を強いる。

音無

戦線のムードメーカー「日向」

 明るく、ひょうひょうとした性格で、戦線のムードメーカー的存在。
 新参者の音無にも好意的で、戦線のことや死後の世界のことをいろいろと教えてくれる、親友とも呼べる存在だ。

日向

戦線唯一の参謀役「高松」

 誰に対してもていねいな物腰で話す、戦線の参謀役。戦闘に出ることなく、ゆりの傍らで状況の確認や報告をすることが多い。
 そんな彼にも、見た目にはわからない、ある秘密があるらしいが?

高松

ゆりに心酔する一匹狼「野田」

 長柄の武器・ハルバードを軽々と扱う作戦実行班の1人。直情的で、ゆり以外の指示にはいっさい従わない。
 音無にはなにかと突っかかってくるが、大抵は空回りに終わってしまう。

野田

くの一のような戦闘員「椎名」

 首には長い襟巻きをし、両手には小太刀がきらめく、くの一のような女の子。寡黙で、無駄なことは口にしない性格だが、実はかわいいものに弱いという、女の子らしい弱点を持っているとか。

椎名

冷静なオペレーター「遊佐」

 オペレーションの決行中、変化する戦況を逐一ゆりに報告するオペレーターを務める女の子。通信士らしく冷静なのはいいけど、それだけに淡々とツッコミをされると耳に痛い!?

遊佐

永遠の噛ませ犬キャラ「藤巻」

 長ドスや木刀を好んで扱う、ガラの悪い少年。音無たちと同年代ではあるが、「やさぐれたあんちゃん」という表現がしっくりくる。
 組は組でも、学校ではない、別の“組”に所属していそうな感じだ。

藤巻

メンバーいち謎に満ちた男「TK」

 ストリートファッションに身を包んだ、本名不明、素性不明、素顔まで不明という謎だらけのメンバー。
 日本語でしゃべれるくせに、怪しげな英語のひと言で会話を済ませてしまうあたりも謎すぎる。

TK

寡黙な柔道の達人「松下」

 “松下五段”の名で親しまれる、柔道の達人。熊を思わせる外見と、どっしりとした風格を持つが、これでも音無たちと同年代である。
 人外の力を持つ天使にも、柔道で立ち向かう・・・・・・のだろうか。

松下

個性がないのが個性!「大山」

 ルックス、性格、身体能力など、なにもかもが恐ろしくなるほど平凡な少年。これといった特技もなく、オペレーション時には、言われなくてもわかるような状況をわざわざ口にして説明するだけの空気と化す。ある意味おいしいメンバーだ。

大山

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ