このページの本文へ

ASUSTeK「V7-P7H55E」「V6-P5G31E」

「H55」を採用した初のベアボーンがASUSTeKから発売開始!

2010年02月18日 23時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに「H55」を採用したASUSTeK製のベアボーン「V7-P7H55E」が今日から発売となった。同時に「G31」採用の安価なモデル「V6-P5G31E」も登場している。

「V7-P7H55E」

「V7-P7H55E」
「H55」を採用した初のベアボーンキット「V7-P7H55E」

 「V7-P7H55E」は「H55」を採用した初のベアボーンキット。マザーボードはmicro ATXフォームファクタのモデルを搭載。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-1333/1066/800、16GBまで)。
 その他オンボードインターフェイスにギガビットイーサネット(RTL8112)や8chサウンドなどを搭載。I/O部には「Clarkdale」コア搭載CPU使用時に利用可能なHDMI/DVI-D/VGAも備えている。またフロントには6-in-1カードリーダーも用意される。VGA機能を内蔵した「Clarkdale」との組み合わせは、まさにベアボーンキットに最適。今後も「H55」を採用したベアボーンが増えていくだろう。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで1万9980円だ。

リヤ
I/O部には「Clarkdale」コア搭載CPU使用時に利用可能なHDMI/DVI-D/VGAも装備。電源は380Wタイプとなる

「V6-P5G31E」

「V6-P5G31E」
「G31」搭載の安価なモデル「V6-P5G31E」。I/O部にはVGAを備えている

 同時発売の「V6-P5G31E」は「G31」搭載の安価なモデル。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリはDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667、4GBまで)。
 その他オンボードインターフェイスにギガビットイーサネットや6chサウンドなどを搭載。I/O部にはVGAを備えている。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで1万2980円となっている。

【取材協力】

【訂正とお詫び】初出時、「V6-P5G31E」のスペック表記を一部誤って掲載しておりました。訂正してお詫びいたします。(2010.2.19)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中