このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

日×仏ガチンコ対決「CGアニカップ」【第2話】

2009年10月06日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大将戦:フランス
作品名:Facteur mineur(坑内配達夫)
制作者:Geoffrey SKRAJEWSKI

冒頭の配達夫は仏頂面で寒気を感じる。その男が持っていたのは、鉱山が閉鎖されるという内容の手紙

坑内に手紙がばら撒かれ、これを見た坑夫たちは怒りを振るわせる

坑夫たちの怒りを感じ逃げる配達夫、それを追う坑夫たち。運命やいかに!?

 全編モノクロームの世界に、金属を叩く音、こすれる音、掘削機の音などが、すべてを冷たく感じさせる作品。キャラクターのデフォルメも独特で、ほかの作品にはない魅力を感じる。YouTubeには、この作品の途中までの映像がアップロードされているので、その独特な雰囲気を楽しんでみてほしい。

大将戦:結果発表

2-2で振り出しに戻った日仏戦は、大将戦で勝負が決まる。その結果はわずかに日本が抜け勝利を収めた。第1回アニカップは、3-2で日本の優勝となった

 同じデジタルクリエイターとは言え、それぞれの国の雰囲気が作中にも現れている。特に色使いが顕著だろう。アニメーションに見慣れている日本は、やはりカラフルな作品が多い。かたやフランスは、フランス映画にも通じるアースカラーが多様された作品が多かった。
 こうして第1回のアニカップは大盛況のうちに幕を下ろしたが、第2回の開催は未定となっている。DoGAの代表である鎌田氏は、スポンサーを見つけて積極的にプレゼンテーションし、第2回をいずれ開催したいと強い意志を見せていた。

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ