このページの本文へ

ASRock「SATA Revision 3.0」対応インターフェイスカード

6Gbpsとなる次世代規格「SATA Revision 3.0」対応カード!?

2009年08月26日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 データ伝送速度6GbpsとなるSerial ATAの次世代規格「SATA Revision 3.0」対応と思われるインターフェイスカードがドスパラ本店で展示中だ。

展示中
データ伝送速度6GbpsとなるSerial ATAの次世代規格「SATA Revision 3.0」対応と思われるインターフェイスカードがドスパラ秋葉原本店で展示中

 このカードは、ドスパラ本店で展示中のASRock製「Intel P55 Express」搭載マザーボード「P55Deluxe」の付属品となるもの。同店では「詳しいことは分からない」としているが、基板上には「SATA3 Card」というシルク印刷も確認できる。
 インターフェイスはPCI Express x1で、コントローラーチップには「Marvell 88SE9123」を搭載。6GbpsとなるSerial ATAデバイスがないために、現状ではまさに“次世代”となる規格だが、少なくとも 「Intel P55 Express」搭載マザー世代から徐々に登場してくるのかもしれない。

「Marvell 88SE9123」 eSATA
PCI Express x1 インターフェイスはPCI Express x1で、コントローラーチップには「Marvell 88SE9123」を搭載。6GbpsとなるSerial ATAデバイスがないために、現状ではまさに“次世代”となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中