このページの本文へ

NGN上でSaaS基盤を開発・提供するNTTグループ

2009年07月30日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTT、NTTコミュニケーションズ、NTTデータの3社は、次世代ネットワーク(NGN)などを通じてサービス提供するSaaS事業者への支援策と共同開発成果を発表した。3社はSaaSビジネスの普及促進を支援するため「SaaS over NGN」とする取り組みを2008年3月に開始している。

3社のSaaS基盤提供の仕組み

今回発表された3社のSaaS基盤提供の仕組み(NTT Comのニュースリリースより)

 今回発表されたのは、NTT ComとNTTデータが共同で「SaaS基盤共通機能群」を開発し、SaaS事業者に提供していくというもの。具体的には以下の内容が発表されている。

  • 認証基盤機能(多要素認証機能、シングルサインオン機能、ID管理機能)
  • SaaSポータル機能
  • 料金回収代行機能
  • マルチペイメント/クレジット決済機能
  • ネットワークゲートウェイ
  • Webシステム構築基盤
SaaS基盤共通機能群の詳細

SaaS基盤共通機能群の詳細(NTT Comのニュースリリースより)

 これにより、SaaS事業者はサービス開発に集中でき、開発したSaaSサービスの普及促進や提供・課金、各種ネットワークへの接続などへの投資リスクを低減できるという。

 今後は、NTT ComがSaaS基盤事業(PaaS事業)として「BizCITY for SaaS Provider」を今年8月から受付開始。さらに、他社のSaaS基盤との相互接続も開発・提供していく。

 NTTデータは、SaaSサービスの開発・提供を進めるとともに、NTTグループのHaaS(Hardware as a Service)事業などを統合した新しいPaaS事業(仮称:VANADIS PaaS)を開発。年内を目処に、まず同社のSaaSビジネスの適用・展開を進める。また、SaaSサービス事業者への構築支援・営業活動を開始する。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ