このページの本文へ

木村拓哉も使っている?アバイアのIP電話機

科警研も採用?見た目にもこだわるIP電話機登場

2009年06月25日 10時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本アバイアは6月24日、タッチパネルを搭載したIP電話機「Avaya one-X Deskphone 9670G」の提供を開始した。

大型のタッチパネルでWebアクセスも可能な「Avaya one-X Deskphone 9670G」

 ホームスクリーンには、Webサイトやアプリケーションのアイコンが登録されており、パネルをタッチするだけで天気予報サイトへのアクセスや計算機アプリケーションの利用などが可能になる。また、利用頻度の高い連絡先を「お気に入り」として登録するなど、ホームスクリーンのカスタマイズも行なえる。企業のエグゼクティブの利用を想定し、直感的なインターフェイスで電話操作をさらに向上させたという。

 同社はデザインも電話機の機能の1つと捉えており、Avaya one-X Deskphone 9600シリーズには5色のカラーバリエーションを用意。加えて、企業が独自にカスタマイズできるデザイン・フェースプレートを提供している。TBS系で土曜日の夜8時から放映している木村拓哉主演のテレビドラマ「MR.BRAIN」では、特別にデザインしたAvaya one-X 9640が登場しているという。

デザインフェースのサンプル50種

MR.BRAINに登場する科学警察研究所(IPS)仕様の「Avaya one-X 9640」

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ