このページの本文へ

オーバーチュア、興味関心連動型広告をPC提携パートナーへ配信

2009年03月31日 06時52分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 オーバーチュアとヤフーは、4月から興味関心連動型広告「インタレストマッチ」のPC向けサービスで、提携パートナーへの広告配信を段階的に開始する。

 「インタレストマッチ」はこれまで、PC向けサービスにおいてはYahoo!JAPANの各サービスが主要な掲載ページとなっていた。今後は、提携パートナーでもインタレストマッチが掲載されることになる。

 同広告はインターネットユーザーが閲覧中のページ内容、ユーザーの過去の閲覧履歴、直近の検索キーワードなどの要素からユーザーの興味・関心により近い広告を表示する興味関心連動型広告。今年からモバイル向けサービスも開始し、モバイル版Yahoo!JAPANの主要17サービスへ広告を掲載するとともに、モバイル版では提携パートナーへの配信も行っている。

 広告の掲載がはじまるのは、ミクシィ、All Aboutなど現在コンテンツ連動型広告「コンテンツマッチ」を採用しているパートナーサイト。4月から5月にかけて現在のコンテンツマッチ採用パートナーをすべてインタレストマッチへ切り替えてゆく計画。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く