このページの本文へ

楽天とUSEN、「GyaO」で「楽天市場」商品の情報提供を開始

2008年07月07日 06時58分更新

通販旬報社

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 楽天(三木谷浩史社長)とUSEN(宇野康秀社長)は、コンテンツの相互提供に関する業務提携を拡大すると発表した。

 両社は今回の業務提携の拡大を目的に、「GyaO」で「楽天市場」商品の情報提供を開始する。具体的には、「楽天ウェブサービス」を利用した売れ筋ランキング情報をUSEN向けに新設し、約2,400万品の商品の売れ筋情報をUSENへ提供する予定。

 また、「GyaO」サービスを楽天グループのサービス内であわせて展開する。今回は有料動画モデルに続き、広告モデルでの業務提携を行った。楽天とUSENはこれまでもコンテンツの相互提供を行っており、2001年11月に両社の合弁会社である株式会社ショウタイムを設立し、現在、同社が運営する有料動画配信サービス「ShowTime」に加えて楽天で「楽天VIDEO」、USENで「GyaO@ShowTime」を展開している。

 これら商品情報提供サービスの取り組みにより、両社は新たなユーザー層の獲得と顧客満足度向上を図っていく方針。

 

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く